ワールド・ウォーZ

ワールド・ウォーZ
ワールド・ウォーZ

「ワールド・ウォーZ」(原題:World War Z)は、ブラッド・ピット主演でマックス・ブルックスの同名小説を映画化した2013年のアメリカの映画です。
本作の予告編やDVD・ブルーレイ、最新情報などは下記サイトをチェック!

  • ジャンル:パニック・スリラー
  • カテゴリ:洋画
  • Yahoo!映画ユーザー評価:★★★
予告編
Youtube
DVD・ブルーレイ
Amazon
詳細情報
画像 / Wikipedia / IMDb
最新情報
ニュース

無料視聴する

あらすじ・作品データ

ワールド・ウォーZ

中国僻地で突如発生した謎のウイルスが全世界へ蔓延した。 ウイルスに感染した人間は凶暴化し、感染者に噛まれた人間もゾンビ化し世界は滅びようとしていた。

元国連職員のジェリー・レイン(ブラッド・ピット)は、妻のカリン(ミレイユ・イーノス)と二人の娘を送迎するために車に乗っていたが渋滞にはまってしまう。 しかし周りの人々が突如車を乗り捨て逃げ出した。 そのおかしな光景に違和感を感じたジェリーも同じように車を放棄するが、その途中ゾンビが人間を襲い、噛まれた人間も12秒後にはゾンビとなり人間を襲う光景を目撃する。

ジェリーは愛する家族を連れフィラデルフィアの街を離れるが、彼の電話に国連事務次長ティエリーから連絡が入る。 ジェリーはティエリーが用意したヘリコプターでニューヨーク沖に浮かぶ米海軍艦隊の艦へ家族と共に避難する。

しかし海上に浮かぶその艦は収容人数に限りがあり、民間人から優先して地上の避難所へ移されていた。 家族を安全な艦にかくまってもらうためジェリーは国連に復帰し軍の作戦へ参加する。

ウイルス学者や特殊部隊員と共にゾンビの情報を最初に送ってきた米軍基地へ向かったジェリーだったが、そこには大量のゾンビがいた。 輸送機から降りた際にゾンビに襲われウイルス学者が死んでしまうが、ジェリーは基地の兵士に助けられ、何とか一命を取留める。 そして兵士からイスラエルにいる諜報員ユルゲン・ヴァルムブルンがゾンビの情報を事前に察知しエルサレムに高い壁を建造してゾンビを防いでいるという情報を得る。

ジェリーはユルゲンからゾンビのさらなる情報を得るためイスラエルに向かい彼から話を聞くが、その直後、ある事からゾンビが壁を乗り越えエルサレムに侵入してきてしまった。 壁の中はパニックになるが、病気を持った少年がゾンビの群れの中にいるにも関わらずゾンビが少年をいないかのように素通りしていく様子をジェリーは目撃する。

この現象からジェリーはゾンビに対抗する何らかの方法があるかもしれないと推測し、ウイルスの研究所へ向かう事を決断する。 しかしエルサレムから乗った飛行機の機内にゾンビが侵入し別室にいる人々を襲いはじめ、次々とゾンビ化してしまっていた。 ジェリーは手榴弾を使い機体に穴をあけゾンビを防ぐが制御不能となった飛行機は墜落してしまう。

何とか一命を取留めたジェリーは共に避難してきたイスラエル国防軍の兵士セガン(ダニエラ・ケルテス)と共にウイルス研究所へ向かうが、墜落の時に刺さった破片により気を失ってしまう。 だがジェリーが目を覚ますと拘束された状態で研究所の中にいた…

全部見る(ネタバレあり)

解説

マックス・ブルックスのベストセラー小説「WORLD WAR Z」をブラッド・ピット主演で映画化したパニック・スリラー大作。 人間がゾンビ化するウイルスが全世界に蔓延し政府や軍隊が崩壊状態に陥った世界で、ワクチン開発の情報を集めるため世界各国を巡る調査隊に同行する事になった元国連職員の運命が描かれる!

監督は「ネバーランド」のマーク・フォースターが務め、「L.A. ギャング ストーリー」のミレイユ・イーノス、「マネーボール」のブラッド・ピットなどが出演する。

トリビア

  • 本作は小説「WORLD WAR Z」を映画化した作品となっていますが、人間がゾンビ化し人類滅亡の危機を迎えるという設定以外、小説と映画でほとんど共通点はありません。

  • この映画では、ウイルスの発生源がどこから始まったのか誰も知らないので謎のままになっていますが、起源はインドであるということだけが示唆されています。ですが本やカットされたシーンでは、ウイルスの起源が中国にあると示唆されています。ちなみにカットされたそのシーンは、中国で本作の上映が禁止される事を避けるためにカットしたとされています。

  • 本作はブラッド・ピットのキャリアの中で最も高い収益を上げた映画です。

  • ダニエラ・ケルテス演じるイスラエル国防軍兵士のセガンが登場しますが、「セガン」はドイツ語で「中尉」と「祝福」を意味しています。

  • 劇中に登場するエルサレムのアタロット空港は2001年から閉鎖されています。

  • 本作はレオナルド・ディカプリオの製作会社アッピアン・ウェイとブラッド・ピットの製作会社プランBエンターテインメントが入札競争を経て、最終的にプランBエンターテインメントが映画化権を獲得しています。

  • 本作の脚本は2008年にインターネット上に流出しました。その脚本は原作と同じような世界観で原作者にも受け入れられていましたが、内容があまりにも陰鬱だったため大幅に変更されました。

全部見る

スタッフ

監督
マーク・フォースター
制作総指揮
マーク・フォースター
ブラッド・シンプソン
デビッド・エリソン
ダナ・ゴールドバーグ
ポール・シュウェイク
グレアム・キング
ティム・ヘディントン
原作
マックス・ブルックス
脚本
マシュー・マイケル・カーナハン
ドリュー・ゴダード
デイモン・リンデロフ
製作
ブラッド・ピット
デデ・ガードナー
ジェレミー・クライナー
イアン・ブライス
音楽
マルコ・ベルトラミ
撮影
ロバート・リチャードソン
美術
ナイジェル・フェルプス
編集
ロジャー・バートン
マット・チェシー
原案
マシュー・マイケル・カーナハン
J・マイケル・ストラジンスキー
衣装
マイェス・C・ルベオ
全部見る

キャスト(出演者)

  • ブラッド・ピット
    ジェリー・レイン
  • ミレイユ・イーノス
    カリン・レイン
  • ダニエラ・ケルテス
    セガン
  • ジェームズ・バッジ・デール
    スピーク大尉
  • ルディ・ボーケン
    ユルゲン・ヴァルムブルン
  • アビゲイル・ハーグローヴ
    レイチェル・レイン
  • マシュー・フォックス
    パラジャンパーの兵士
  • ファナ・モコエナ
    ティエリー
  • エリス・ガベル
    アンドリュー・ファスバック
  • ピーター・キャパルディ
    ブリット
  • ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ
    ハビエル
  • ルース・ネッガ
    ケリー
  • モーリッツ・ブライプトロイ
    ライアン
  • スターリング・ジェリンズ
    コンスタンス
  • ファブリツィオ・ザカリー・グイド
    トーマス
  • アーネスト・カントゥ
    トーマスの父親
  • ヴィッキー・アライコ
    トーマスの母親
  • デヴィッド・モース
    元CIAエージェント
  • デヴィッド・アンドリュース
    艦長
  • ジョン・ゴードン・シンクレア
    SEALリーダー
  • グレゴリー・フィトゥーシ
    パイロット
  • マイケル・ユイスマン
    エリス
  • ルアリ・カノン
    その他
全部見る
全部見る

作品情報

原題 World War Z
上映時間 116分
製作年 2012年
制作国 アメリカ
配給 東宝東和
映倫区分 G

ユーザーレビュー

レビュー投稿フォーム
1
2
3
4
5
投稿する
     
Cancel

レビューを書く

平均評価:  
 1 件のレビュー
ドキドキ

最初からドキドキさせられる映画でした。
同じゾンビもののバイオハザードとは違う方向性で、エグイシーンなどもないですし、気持ち悪くもない印象でした