ワーキング・ガール

ワーキング・ガール
ワーキング・ガール

「ワーキング・ガール」(原題:Working Girl)は、ハリソン・フォード、シガーニー・ウィーバー共演で証券会社のM&A部門で働く秘書のサクセス・ストーリーを描いた映画です。
この作品の予告編やDVD・ブルーレイ、最新情報などは下記サイトをチェック!

  • ジャンル:コメディ
  • カテゴリ:洋画
  • Yahoo!映画ユーザー評価:★★★★
予告編
Youtube
DVD・ブルーレイ
Amazon
詳細情報
画像 / Wikipedia / IMDb
最新情報
ニュース

無料視聴する

あらすじ・作品データ

マンハッタンのウォール街にある投資銀行マーシュ証券会社で働く秘書養成学校卒のテス・マクギル(メラニー・グリフィス)は、ビジネスの学位を取得していたものの学歴不足が原因で証券マン養成コースから外されてしまう。 さらには上司からセクハラを受けポン引き呼ばわりしてしまい、問題児として人事部のお世話になってしまうのだった。

「次に問題を起こしたら…」と釘を刺されたテスは転勤してきたばかりの女性重役キャサリン・パーカー(シガニィー・ウィーヴァー)の秘書に配置換えされるが、同性で同い年のキャサリンと意気投合し洗練された彼女に圧倒されていた。

その後、トラスク産業との企業合併が上手くいったら養成コースに入れてほしいと彼女に頼むテスだったが、キャサリンがスキー休暇中に足を骨折してしまう。 テスは彼女が職場復帰するまですべてを任されるが、ある事からキャサリンが裏でテスの企画を盗んでいた事を知ってしまうのだった。

ショックを受けたテスだったが、恋人のミック(アレック・ボールドウィン)の浮気目撃してしまい失意のどん底に落ちる。 だがテスは自分の企画を通すためジャック・トレイナー(ハリソン・フォード)という男に接触しようと彼が主催するパーティに潜り込む。 しかしそこである紳士に出会い、飲んでいるうちに酔いつぶれてしまうのだった。

翌朝、彼のマンションで目を覚ましたテスは彼こそがジャックである事を知り驚く。 そしてトラスク社のラジオ局合併に乗り気なジャックと共に話を進めていく。

だが成功目前でジャックはテスの事を気に入り二人は惹かれ合ってしまう。 そしてジャックは恋人と別れると言い出すが、その恋人はキャサリンだった…

全部見る(ネタバレあり)

解説

証券業界を舞台にハリソン・フォード、シガーニー・ウィーバーなど豪華キャストで贈る、ビジネスと恋を賭けたコメディタッチのサクセスストーリーを描いた映画! 大手証券会社に勤めるOLが、事故で休暇中の上司に成りすまし恋と仕事に燃える姿が描かれる。

監督は「ブルースが聞こえる」のマイク・ニコルズ、出演は「スター・ウォーズ」シリーズなどのハリソン・フォード。

トリビア

  • テスとキャサリンが働いている場所ペティ・マーシュのロビー・シーンは、2001年9月11日にテロ攻撃で破壊されたワールドトレードセンターのロビーで撮影されています。

  • ジャックとテスが初めて出会うテキーラの場面は、ニューヨークのサウス・ストリート・シーポートにあるキャロラインのコメディ・クラブのレストランバーで撮影されています。

  • 2017年6月にワーキング・ガールがブロードウェイのミュージカルになると発表されました。

  • 本作にはチョイ役としてデイビッド・ドゥカブニーが出演しています。彼は後に「X-ファイル」シリーズの主人公モルダー捜査官役でブレイクしています。

全部見る

スタッフ

監督
マイク・ニコルズ
制作総指揮
ロバート・グリーンハット
ローレンス・マーク
脚本
ケビン・ウェイド
製作
ダグラス・ウィック
音楽
カーリー・サイモン
撮影
ミヒャエル・バルハウス
美術
パトリツィア・フォン・ブランデンスタイン
編集
サム・オースティン
キャスティング
ジュリエット・テイラー
衣装
アン・ロス
全部見る

キャスト(出演者)

  • メラニー・グリフィス
    テス・マクギル
  • ハリソン・フォード
    ジャック・トレイナー
  • シガニー・ウィーバー
    キャサリン・パーカー
  • アレック・ボールドウィン
    ミック・ドゥガン
  • ジョーン・キューザック
    シンシア
  • オリヴァー・プラット
    ラッツ
  • フィリップ・ボスコ
    オーレン・トラスク
  • ノーラ・ダン
    ジニー
  • ジェームズ・ラリー
    ターケル
  • ケヴィン・スペイシー
    ボブ・スペック
  • ジェフリー・ノードリング
    ティム・ローク
全部見る
全部見る

作品情報

原題 Working Girl
上映時間 113分
製作年 1988年
制作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス
受賞歴
  • 第61回アカデミー賞
  • 第46回ゴールデングローブ賞

ユーザーレビュー

レビュー投稿フォーム
1
2
3
4
5
投稿する
     
Cancel

レビューを書く

平均評価:  
 1 件のレビュー
こんなに面白いとは

久々に面白いサクセスストーリー系の映画に出会えました!
ちょっと古い映画だったので期待してませんでしたが、頑張る元気がもらえました!