ワイルド・スピード

ワイルド・スピード
ワイルド・スピード

「ワイルド・スピード」(原題:The Fast and The Furious)は、ロサンゼルスでストリート・レースに熱狂する若者たちを描いた2001年のアメリカのカー・アクション映画です。
本作の予告編やDVD・ブルーレイ、最新情報などは下記サイトをチェック!

  • ジャンル:カー・アクション
  • カテゴリ:洋画
  • Yahoo!映画ユーザー評価:★★★★
予告編
Youtube
DVD・ブルーレイ
Amazon
詳細情報
画像 / Wikipedia / IMDb
最新情報
ニュース

無料視聴する

あらすじ・作品データ

ワイルド・スピード

アメリカの都市ロサンゼルスでは、高級品を積んだ輸送トラックがシビッククーペの改造車に襲われる事件が頻発していた。

そんな中、深夜のロサンゼルスでは大金を賭けたストリート・レースが行われ若者たちは熱狂していた。 天才ストリート・レーサーのドミニク(ヴィン・ディーゼル)は1度のレースで1万ドル以上も稼ぎ出す凄腕ドライバーとして仲間たちから一目置かれていた。

そんな彼の目の前にブライアン(ポール・ウォーカー)という謎の男が現れ勝負を挑んでくる。 一度は断るドミニクだったがブライアンが自らの改造車、三菱・エクリプスの所有権を賭け挑んできたことでレースの参加を認めるのだった。

ギャラリーが注目する中ストリート・レースが始まり、ドミニクの操るマツダ・FD3SをNOSを使い抜くことに成功する。 しかしその直後、エクリプスがエンジンブローを起こしてしまいブライアンは敗北してしまうのだった。

だがレースが終了した間際、警察が現れドミニクが拘束されそうになってしまう。 しかしエクリプスに乗ったブライアンがドミニクを助けた事で、なんとかその場をしのぐことに成功するもドミニクと敵対しているチャイニーズ系ギャングのジョニー=トラン(リック・ユーン)の縄張りに入ってしまいエクリプスが銃撃され炎上してしまうのだった。

その後ドミニクと共に彼の家に行ったブライアンだったが、助けに来ないで遊んでいる仲間と違い捕まる覚悟で助けに来たブライアンにドミニクは敬意を示し仲間に迎え入れるのだった。

その翌日。 ブライアンは路上で警察に職務質問され拘束されてしまう。 だがブライアンの本当の正体は輸送トラック襲撃事件の潜入捜査を行っている警官だったのだ。 彼はドミニクに近づく事に成功するも、まだなんの手がかりも掴めていない事を上司に報告する。

それから数日後。 ブライアンは破壊されたエクリプスの代わりにトヨタ・スープラの廃車をドミニクのガレージに持っていった。 最初はそれを馬鹿にするドミニクだったが、ボンネットを開けると中には状態が良いエンジンが搭載され改造次第で速い車になる事に気付く。 そしてブライアンはドミニクらと共に車の改造に加わり、彼の妹のミア(ジョーダナ・ブリュースター)とも惹かれ合うようになっていった。

そんなある日、ブライアンは自身が働いているカーショップに来た客が注文したパーツが襲撃事件に使われたシビックのものと一致する事に気付く。 だがその客のガレージに忍び込んでいる所をドミニクの仲間のヴィンス(マット・シュルツ)に見つかり捕まってしまう。 しかし後日開催されるレース・ウォーに向けて相手の車両を調べていたと誤魔化し、ドミニクらとジョニー=トランのガレージに忍び込むのだった。

ジョニー=トランのガレージに忍び込んだブライアンは、トラン一味の拷問を目撃し上司にこのことを伝え、ドミニクが襲撃事件に関与しているとは思えないと述べるのだった。 だが真犯人はドミニクのグループだった。 しかしドミニクに友情を感じるようになったブライアンは…

全部見る(ネタバレあり)

解説

ポール・ウォーカー、ヴィン・ディーゼル主演の大ヒット・カーアクション映画「ワイルド・スピード」シリーズの第1作目の作品。 極限までチューンナップしたカスタムカーを使ったストリート・レースに熱中する若者の姿やハイスピードバトルがCGを駆使して描かれる!

監督は「ステルス」や「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」のロブ・コーエン、出演はポール・ウォーカー、ヴィン・ディーゼルをはじめ「バイオハザード」シリーズのミシェル・ロドリゲスなどが登場する。

なお今作には実際にアメリカ西海岸で流行したカスタム手法が用いられた日本車が多数登場し、スポーツコンパクト(スポコン)と呼ばれる当時日本でも流行した魅せる事を重視したカスタムカーなども多数登場する。

トリビア

  • 映画「ワイルド・スピード」はケン・リーの違法ストリートレース「Racer X」に関する1998年5月のVibe magazineの記事に基づいて製作されています。

  • レース・ウォーのシーンでは、実際のドライバーがこのシーンに参加するために車を自ら持ってきています。なおこのシーンでは1,500台以上の車が集まっていました。

  • ジェシーが映画の中で運転しているフォルクスワーゲン・ジェッタは、その後、俳優のフランキー・ミュニズによって買取られました。

  • この映画には60台以上の日本車が登場しています。劇中に登場する主なメーカーと車種は次のようになります。

    トヨタ
    スープラ(1994年式)
    日産
    スカイラインGT-R(1995年式)
    240SX(1997年式) ※シルビア、180SXの北米向けモデル
    マキシマ(1999年式)
    ホンダ
    インテグラ
    S2000
    シビッククーペ
    シビック
    アコード
    マツダ
    RX-7 FD3S(1993年式)
    三菱
    エクリプス(1995年式)
  • ドミニクの家のパーティのシーンでテレビに流れる映画はロブ・コーエン監督の「ドラゴン/ブルース・リー物語」(1993年)です

  • 本作は映画「ワイルドスピード」シリーズの中で唯一ドミニクが日本車を愛車とする映画です。本作以外の映画ではドミニクはアメリカのマッスルカーを運転しています。

  • ポール・ウォーカーが最初に運転する緑の三菱エクリプスGS-Tは、映画「Sex Drive」で使用されているものと同じです。ただしルーフスクープなど部分的に違う箇所もあります。

  • ドミニクの仲間であるレオンが乗っている車は日産のスカイラインGT-R(BCNR33)です。ですがこのR33 GT-Rは米国では販売されておらず、日本から直接輸入する必要がありました。

  • 本作には映画プロデューサーのニール・H・モリッツがカメヲ出演しています。彼は黒のフェラーリドライバーとして登場していました。

全部見る

スタッフ

監督
ロブ・コーエン
制作総指揮
ダグ・クレイボーン
ジョン・ポーグ
原案
ゲイリー・スコット・トンプソン
脚本
ゲイリー・スコット・トンプソン
エリック・バーグクィスト
デビッド・エアー
音楽
BT
撮影
エリクソン・コア
美術
ウォルドマー・カリノウスキー
編集
ピーター・ホネス
製作
ニール・H・モリッツ
衣装
サーニャ・ミルコビック・ヘイズ
音楽監修
ゲイリー・ジョーンズ
ハッピー・ウォルターズ
全部見る

キャスト(出演者)

  • ポール・ウォーカー
    ブライアン・オコナー
  • ヴィン・ディーゼル
    ドミニク・トレット
  • ミシェル・ロドリゲス
    レティ・オルティス
  • ジョーダナ・ブリュースター
    ミア・トレット
  • リック・ユーン
    ジョニー・トラン
  • チャド・リンドバーグ
    ジェシー
  • ジョニー・ストロング
    レオン
  • マット・シュルツ
    ヴィンス
  • ノエル・グーリーエミー
    ヘクター
  • ボー・ホールデン
    テッド
  • トム・バリー
    エージェント・ビルキンス
  • ヴィト・ルギニス
    ハリー
  • スタントン・ラトレッジ
    ミューズ
  • テッド・レヴィン
    タナー巡査部長
  • ジャ・ルール
    エドウィン
  • デヴィッド・ダグラス
    ラスタの男
  • レジー・リー
    ランス・グエン
  • モニカ・タマヨ
    モニカ
  • タミー・モニカ・ゲガミアン
    その他
全部見る
全部見る

作品情報

原題 The Fast and the Furious
上映時間 107分
製作年 2001年
制作国 アメリカ
配給 UIP
音楽 BT / 日本版ではDABO「レクサスグッチ」

ユーザーレビュー

レビュー投稿フォーム
1
2
3
4
5
投稿する
     
Cancel

レビューを書く

平均評価:  
 1 件のレビュー
車が好きなら

車が好きなら間違いなく楽しめます。
最近のワイルドスピードシリーズみたいに誰でも楽しめるアクション重視というわけではなく、車をしっかりとメインにしてくれているので、マニアックな人ほど楽しめると思います。