タイムマシン

タイムマシン
タイムマシン

有名な名作SF小説を映像化した映画「タイムマシン」のあらすじや見どころ、レビューを紹介! 無料視聴できるサイトも掲載してます。
なお映画「タイムマシン」の予告編やDVD・ブルーレイ、最新情報などは下記サイトからチェックできます。

  • ジャンル:SFアドベンチャー
  • カテゴリ:洋画
  • Yahoo!映画ユーザー評価:★★★
予告編
Youtube
DVD・ブルーレイ
Amazon
詳細情報
画像 / Wikipedia
最新情報
ニュース

無料視聴する

あらすじ・作品データ

1890年代の雪の降り積もるニューヨーク。大学教授のアレクサンダー(ガイ・ピアース、レックス・ラング)は、最愛の恋人エマ(シエンナ・ギロリー)との待ち合わせのために大急ぎで準備をしていた。 遅刻しつつもエマと合流したアレクサンダーは、エマに結婚しようと伝える。 そしてエマの誕生石である「月長石(ムーンストーン)」をプレゼントし彼女の指にそれをはめた時、二人の前に強盗が現れる。

強盗は銃を出し、持っているモノを差し出せと要求する。 だがエマはプレゼントしてもらったムーンストーンを渡さなかった。 揉み合いになったその直後、銃が暴発してエマに当たってしまう。

エマを失ったアレクサンダーは過去に戻り彼女を取り戻そうと、4年の歳月を費やしてタイムマシンを完成させる。 しかし過去に遡り、何度エマを救おうとしても彼女は別の事故に巻き込まれ救う事ができない。 なぜ運命を変える事ができないのか、その答えを探すためにアレクサンダーはタイムマシンへ乗り2030年の世界へ向かった。

2030年の未来では、人類は月への移住を実現させていた。 しかしそこでも答えを見つける事ができなかったアレクサンダーはさらに7年後の未来へ旅立つ。 だがそこは月面爆破の失敗により地表に月の破片が降り注ぐ危機的な状況の最中だった。

アレクサンダーは慌ててタイムマシンにのり避難しようとするが、隕石のかけらがあたって気絶してしまう。 そしてアレクサンダーが目を覚ますとそこは80万年後の未来だった…

全部見る(ネタバレあり)

解説

原作者H.G.ウェルズの曾孫サイモン・ウェルズ監督が、彼の名作小説を1959年に続き再度映像化したSFアドベンチャー映画。 亡くした恋人を取り戻すためにタイムマシンを開発した男が、誤って80万年後の未来に飛んでしまう様を描く。

本作は2002年のアカデミー賞でメイクアップ賞を受賞し、映画「タイタニック」のデジタル・ドメイン社によるVFXなどが話題になっている。

なお脚本は「グラディエーター」でアカデミー脚本賞を受賞したジョン・ローガンなどが担当しており、タイムマシンが人類にとって必要なのかどうかなど考えさせられる内容になっている。

スタッフ

監督
サイモン・ウェルズ
制作総指揮
アーノルド・レイボビット
ローリー・マクドナルド
ジョーグ・サラレグイ
原作
H・G・ウェルズ
脚本
ジョン・ローガン
音楽
クラウス・バデルト
撮影
ドナルド・マカルパイン
美術
オリヴァー・スコール
編集
ウェイン・ウォーマン
製作
ウォルター・F・パークス
デビッド・バルデス
衣装
ディーナ・アペル
ボブ・リングウッド
全部見る

キャスト(出演者)

  • ガイ・ピアース、レックス・ラングアレクサンダー・ハーデゲン
  • シエンナ・ギロリーエマ
  • フィリーダ・ロウウォチット夫人
  • マーク・アディデイビッド・フィルビー
  • オーランド・ジョーンズボックス
  • オメーロ・マンバケイレン
  • サマンサ・マンバマーラ
  • ジェレミー・アイアンズウーバー・モーロック
  • ディー・ブラッドリー・ベイカーモーロック
  • リチャード・セトロンその他
  • ミンディ・クリストその他
  • フィリップ・ボスコその他
全部見る
全部見る

作品情報

原題 The Time Machine
上映時間 96分
公開日 2002年3月4日/2002年7月20日(日本)
制作国 アメリカ
配給 ドリームワークス/ワーナー・ブラザース(日本)
受賞歴 第75回アカデミー賞

本編を配信中のサービス

映画「タイムマシン」を配信中の動画サービスです。上記のサービスであれば1ヶ月の無料期間があるため、基本的には本作を無料視聴できます。 ただし見放題でなくレンタルとなっている場合もあるので、まずはサイトへアクセスしご確認下さい。

ユーザーレビュー

レビュー投稿フォーム
1
2
3
4
5
投稿する
     
Cancel

レビューを書く

平均評価:  
 1 件のレビュー
普通に面白い

ヤフーとかだと評価低いけど、普通に面白いと思う。
ガイピアースカッコいいし。

ただ種族が分かれるのは良いけど、地底人だけ醜すぎる気が。
あと猿の惑星すきなひとにはオススメかも