天使にラブ・ソングを…

天使にラブ・ソングを
天使にラブ・ソングを

殺人現場を目撃し、組織に追われる事になったクラブ・シンガーが引き起こす騒動を描いたミュージック・コメディ映画「天使にラブ・ソングを…」のあらすじや見所を紹介。「天使にラブ・ソングを…」が無料視聴できる配信サービスも掲載しています。
なお「天使にラブ・ソングを…」の予告編、DVD・ブルーレイ、最新情報などは下記ページから確認できます。

  • ジャンル:コメディ
  • カテゴリ:洋画
  • Yahoo!映画ユーザー評価:★★★★
予告編
Youtube
DVD・ブルーレイ
Amazon
詳細情報
画像 / Wikipedia
最新情報
ニュース

無料視聴する

あらすじ・作品データ

ネヴァダ州リノのナイトクラブ「ムーンライトラウンジ」で活躍するクラブ・シンガー「デロリス=ヴァン・カルティエ(ウーピー・ゴールドバーグ)」は、一帯の顔役で、マフィアのボス「ヴィンス(ハーヴェイ・カイテル)」の愛人だった。

しかしある日、組織の裏切り者をヴィンスが殺害する現場を目撃してしまいデロリスは組織から命を狙われるはめに。 デロリスは警察に駆け込み重要参考人として保護されるが、警部のサザー(ビル・ナン)は彼女を新米尼僧「シスター・クラレンス」としてヴィンスの裁判の日まで聖キャサリン修道院で匿うことにした。

尼僧として振る舞い、堅苦しい事を余儀なくされたデロリスだったが、次第に若い尼僧たちと仲良くなり、聖歌隊のリーダーに抜擢されてから本領を発揮。 クラブ・シンガーだった時のノウハウを活かし、ヘタクソだった聖歌隊を鍛え上げ、聖歌をソウルやロック風にアレンジし派手なパフォーマンスを取り入れてしまう。 聖歌隊はたちまち人気になり、この噂は世界中にまで広がった。 そしてついには大人気の聖歌隊を見ようとやがてローマ法王まで訪米することに。

だが大人気となってテレビ中継までされてしまった聖歌隊にマフィアが気付かないわけがない。 法王を迎えたミサの前日、警察内部の裏切り者により居場所がばれたデロリスは、ヴィンスの手下によって拉致されてしまうのだった…

解説

殺人現場を目撃した売れないクラブ・シンガーが、匿われた修道院で引き起こす騒動を描いたミュージック・コメディ。

「アダムス・ファミリー」のスコット・ルーディンがエクゼクティブ・プロデューサーを務め、アメリカでは6ヶ月の大ヒットロングランを記録した。 また「天使にラブソングを…」公開の翌年には続編も公開され、日本でも大ヒットを記録している。

スタッフ

監督
エミール・アルドリーノ
制作総指揮
スコット・ルーディン
音楽
マーク・シェイマン
脚本
ジョセフ・ハワード
撮影
アダム・グリーンバーグ
美術
ジャクソン・デ・ゴビア
編集
リチャード・ハルシー
コリーン・ハルシー
製作
テリー・シュワルツ
衣装
モリー・マギニス
美術
ジャクソン・デ・ゴビア
全部見る

キャスト(出演者)

  • ウーピー・ゴールドバーグデロリス・ヴァン・カルティエ/シスター・メアリー・クラレンス
  • ハーヴェイ・カイテルヴィンス・ラ・ロッカ
  • マギー・スミス修道院長
  • キャシー・ナジミーメアリー・パトリック
  • メアリー・ウィックスメアリー・ラザラス
  • ウェンディ・マッケナメアリー・ロバート
  • ローズ・パーレンティメアリー・アルマ
  • ビル・ナンエディー・サウザー
  • ロバート・ミランダジョーイ
  • ジョゼフ・メイハーオハラ司教
  • リチャード・ポートナウウィリー
  • トニ・カレムコニー・ラ・ロッカ
全部見る
全部見る

作品情報

原題 Sister Act
上映時間 100分
公開日 1992年5月29日/1993年4月17日(日本)
制作国 アメリカ
配給 タッチストーン/ブエナビスタ(日本)
受賞歴 第50回ゴールデングローブ賞
導入曲
  • Hail Holy Queen
  • My Guy
  • Rescue Me
  • I Will Follow Him
  • Gravy
  • Just A Touch Of Love

本編を配信中のサービス

「天使にラブ・ソングを…」を配信している動画配信サービスです。 上記の動画サービスであれば、約1ヶ月の無料期間があるため無料で本作を視聴できます。 ただし見放題ではなくレンタルとなっている場合もあるので、まずは一度サイトへアクセスしご確認下さい。

ユーザーレビュー

レビュー投稿フォーム
1
2
3
4
5
投稿する
     
Cancel

レビューを書く

平均評価:  
 1 件のレビュー
素晴らしい映画

昔金曜ロードショーで放映されてたけど、微妙だったので見てませんでした。
でも「天使にラブ・ソングを・・・」の新作が制作される事を知って、ヤフーの評価をチェックしてみたら高評価!
それで観てみたら、本当に面白くてビックリしましたw