素晴らしきかな、人生

素晴らしきかな、人生
素晴らしきかな、人生

「素晴らしきかな、人生」(原題:Collateral Beauty)は、社会的成功から一転し、どん底に陥った男が立ち直っていく姿を描いたウィル・スミス主演の映画です。
本作の予告編やDVD・ブルーレイ、最新情報などは下記サイトをチェック!

  • ジャンル:ドラマ
  • カテゴリ:洋画
  • Yahoo!映画ユーザー評価:★★★
予告編
Youtube
DVD・ブルーレイ
Amazon
詳細情報
画像 / Wikipedia / IMDb
最新情報
ニュース

無料視聴する

あらすじ・作品データ

素晴らしきかな、人生

ニューヨークにある広告代理店をホイット(エドワード・ノートン)と共同経営するハワード(ウィル・スミス)は大きな成功を収め、従業員の前でスピーチするようになっていた。

だがそれから数年後。 ハワードは最愛の娘を失い妻とも別れてしまう。 彼は喪失感から立ち直れず、仕事も手に着かない様子に同僚からも心配されていた。

そんな中、ハワードの友人であり同僚のホイット、クレア(ケイト・ウィンスレット)、サイモン(マイケル・ペーニャ)は、ハワードが仕事をしなくなってしまったために会社の業績が悪化している事を心配していた。

3人は探偵を雇いハワードの行動を監視し、彼を役員から退任させようとする。 だがある事からホイットはハワードを立ち直らせる作戦を思いつく。

ホイットは3人の舞台俳優を雇いハワードに近づけさせるが、彼らとの出会いでハワードの人生が少しづつ変化しようとしていた…

全部見る(ネタバレあり)

解説

クリスマスシーズンのニューヨークを舞台に「プラダを着た悪魔」のデビッド・フランケル監督が「メン・イン・ブラック」のウィル・スミス主演で、人生のどん底に落ちた男が奇妙な出会いから少しづつ立ち直っていく姿を描く!

出演はウィル・スミスを筆頭に、「ボーン・レガシー」のエドワード・ノートン、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズでエリザベス・スワン役として知られるキーラ・ナイトレイ、「アントマン」のマイケル・ペーニャなどが登場する。

トリビア

  • 本作にはレイチェル・マクアダムスも出演する予定でした。ですが彼女は2016年の映画「ドクター・ストレンジ」とスケジュールが競合したため契約することができませんでした。

  • 広告代理店のシーンは、実際にニューヨークにある広告代理店Wieden Kennedyで撮影されています。

  • 本作にはナオミ・ハリスとキーラ・ナイトレイが出演していますが、彼女らは映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」以来初めて共演しています。

  • この映画はキーラ・ナイトレイのためにクリスマスが舞台となった3番目の映画です。他の映画では「ジャケット」「ラブ・アクチュアリー」などがあります。

  • ブロードウェイ-ラファイエット駅のシーンがありますが、これはブルックリン区ケンジントンにあるチャーチ・アベニュー駅のG/F線で撮影されています。

全部見る

スタッフ

監督
デビッド・フランケル
製作
バード・ドロス
マイケル・シュガー
アラン・ローブ
アンソニー・ブレグマン
ケビン・フレイクス
脚本
アラン・ローブ
制作総指揮
トビー・エメリッヒ
リチャード・ブレナー
マイケル・ディスコ
マイケル・ベダーマン
アンカー・ルングタ
ピーター・クロン
スティーブン・パール
ブルース・バーマン
音楽
セオドア・シャピロ
撮影
マリス・アルベルチ
美術
ベス・マイクル
編集
アンドリュー・マーカス
音楽監修
ジュリア・ミシェルズ
デイナ・サノ
衣装
リア・カッツネルソン
全部見る

キャスト(出演者)

  • ウィル・スミス
    ハワード
  • エドワード・ノートン
    ホイット
  • キーラ・ナイトレイ
    エイミー
  • マイケル・ペーニャ
    サイモン
  • ナオミ・ハリス
    マデリン
  • ジェイコブ・ラティモア
    ラフィ
  • ケイト・ウィンスレット
    クレア
  • ヘレン・ミレン
    ブリジット
  • アン・ダウド
    サリー・プライス
  • メアリー・ベス・ペイル
    ホイットの母親
  • ライザ・コロン=ザヤス
    トレヴァーの母親
  • ナタリー・ゴールド
    アダムの母親
  • エンリケ・ムルシアーノ
    スタン
全部見る
全部見る

作品情報

原題 Collateral Beauty
上映時間 94分
製作年 2016年
制作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
映倫区分 G
公式サイト 素晴らしきかな、人生-公式

ユーザーレビュー

レビュー投稿フォーム
1
2
3
4
5
投稿する
     
Cancel

レビューを書く

平均評価:  
 1 件のレビュー
見る人による

映画の冒頭にハワードが愛・時間・死について演説しますが、この映画ではこれがキーワードになっています。
例えば3人の同僚が登場しますがホイットは「愛」、クレアは「時間」、サイモンは「死」の問題をそれぞれ抱えていて、ハワード同様かれらもこの問題に向き合うようになっていくのですが、要点がなかなか定まっていないので意外とわかりづらかったです。