メン・イン・ブラック

メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック

ウィル・スミス、トミー・リー・ジョーンズ主演のSFコメディ「メン・イン・ブラック」のあらすじや見どころ、レビューを紹介! 無料視聴できるサイトも掲載してます。
なお映画「メン・イン・ブラック」の予告編やDVD・ブルーレイ、最新情報などは下記サイトをチェック!

  • ジャンル:SFコメディ
  • カテゴリ:洋画
  • Yahoo!映画ユーザー評価:★★★★
予告編
Youtube
DVD・ブルーレイ
Amazon
詳細情報
画像 / Wikipedia / IMDb
最新情報
ニュース

無料視聴する

あらすじ・作品データ

ニューヨーク市警察のジェームズ・エドワーズ刑事(ウィル・スミス)は逃亡中の犯人を追跡していた。 人間とは思えない動きをする犯人をビルの屋上まで追い詰めるも、犯人はビルから飛び降り自殺をしてしまう。 さらには飛び降りる直前に、犯人が人間にはありえないまぶたで瞬きするのを目撃するも、あまりにも奇想天外な話で誰にも信じてもらえずにいた。

だがジェームズの前に黒服の男(トミー・リー・ジョーンズ)が現れ、自分の事を「k」と名乗り地球上のエイリアンを監視する秘密組織MIB(メン・イン・ブラック)に所属していると話した。 そしてジェームズが追跡していた犯人がエイリアンだったことを伝え、彼をMIBにスカウトするのだった。

翌朝、ジェームズはkから渡された名刺の住所を訪れ、世界から集められたエリート中のエリートたちと共に採用試験を受けるもただ一人合格するのだった。 その後Kとその上司であるZ(リップ・トーン)から任務の説明を受け、地球上には1500以上ものエイリアンが人間になりすまし生活している事を聞かされる。 そしてそのうえでMIBが、地球上でエイリアンが犯罪や侵略行為に出ないよう行動を監視し、世間から彼らの存在を隠す事で平和を保っている事を聞かされるのだった。

刑事を辞めMIBのエージェントとして働く事を決意したジェームズは、社会保障番号や運転免許の記録、信用情報、指紋など、自身が存在する事を証明するデータを全て抹消され、MIBの新人エージェント「J」としてベテラン捜査官のエージェント「k」とコンビを組み任務につくことになった。

だがその頃、ニューヨーク郊外に円盤が墜落し、バグと呼ばれる凶悪なエイリアンが地球に侵入していた。 バグは墜落現場の農場主エドガー(ヴィンセント・ドノフリオ)を襲い、彼の皮膚を身に付け人間になりすましニューヨークの市街へ向かった。 そして宝石商ローゼンバーグ(マイク・ナスバウム)として地球で生活しているアルキリアン星の王族エイリアンのもとを訪れ、彼が守護している「銀河」を渡せと要求する。 しかしローゼンバーグはそれを拒否し、バグに殺されてしまう。

その後、彼の死体は検死官ローレル(リンダ・フィオレンティーノ)のもとへ送られるが、ローレルはその死体が人間でない事に気付くのだった。 そして報せを聞いたKとJが訪れ死体を調べると、それはロボットだった。 さらには頭部から瀕死のアルキリアン星の王族エイリアンが現れるが、彼は「戦争を阻止しろ。銀河系はオリオンのベルト…」と言い残すと息絶えてしまった。

その後、KとJがMIB本部に戻ると地球上から次々とエイリアンたちが脱出していた。 そしてアルキリアンの戦艦から銀河を返さなければ地球を破壊すると警告される。 KとJは銀河が何なのか調べるため、犬に姿を変えている宇宙外交に詳しいエイリアン「フランク(ティム・ブラニー)」に情報を求めると、銀河とはエネルギーの源でありバグがこれを狙っている事が判明する。

だが「オリオンのベルト」が何かわからないKとJは銀河を手に入れられずにいた。 しかしある事からローゼンバーグの飼い猫がオリオンという名前で、そのベルトに銀河が隠されていることに気づく。 だがエドガーの皮を被ったバグが一足先に現れ銀河を奪ってしまうのだった。

さらには宇宙時間の1週間以内、つまり地球時間の1時間以内に「銀河」を返さなければ地球を滅ぼすとアルキリアン帝国が最終通告してきた。 果たしてKとJは銀河を手に入れ、地球を救う事ができるのか…

全部見る(ネタバレあり)

解説

地球上のエイリアンを監視する秘密組織MIBの二人のエージェントの活躍を描いたスティーブン・スピルバーグ製作総指揮のSFコメディ映画! 史上最多といわる250カット以上ものSFXシーンを盛り込み、全米で60年代に実際に噂が広まった、UFOなどの目撃者の前に現れ圧力や妨害を行う謎の組織「メン・イン・ブラック」をモチーフにしたローウェル・J・カニンガムのコミック「The Men in Black (1990)」を実写化する!

なお全米では1997年の年間全米興行収入2位となり、その後シリーズ化されている。 また映画だけでなくテレビアニメーションシリーズも公開されている。

トリビア

  • 本作には監督のバリー・ソネンフェルドが宇宙人の一人としてカメオ出演している他、原作者のローウェル・カニンガムがMIB本部の従業員としてカメオ出演しています。

  • 劇中では、アル・ローカー、アイザック・ミズラヒ、ダニー・デヴィート、バリー・ソネンフェルド、クロエ・ソネンフェルド、シルヴェスター・スタローン、ディオンヌ・ワーウィック、ニュート・ギングリッチ、アンソニーロビンズ、ジョージ・ルーカス、スティーブン・スピルバーグ、エルヴィス・プレスリー、デニス・ロッドマンなどの有名人が宇宙人だったとされています

  • 「メン・イン・ブラック」シリーズで使用されているサングラスは、Ray-Ban(レイバン)の「PREDATOR Ⅱ(プレデターⅡ)」というサングラスです。映画がリリースされた直後、レイバンではこれらのサングラスの売り上げが160万ドルから3倍の500万ドルまで上がったと報じられてます。

  • バリー・ソネンフェルド監督の妻はベルエアのフレッシュプリンス(1990年からアメリカで放送していたコメディドラマ)のファンであり、ソネンフェルド監督は映画「私に近い6人の他人」のウィル・スミスのパフォーマンスを気に入ってました。そのため彼がキャストされました。

  • 映画の原作であるローウェル・J・カニンガムのコミック「The Men in Black」では、MIBはエイリアンだけなく地球上の超常現象や超自然的活動なども調査しています。

  • The American Humane Societyは、映画に登場する動物(ゴキブリを含む)が撮影で傷つけられていない事を確認しています。劇中では数匹のゴキブリが潰されていますが、実際にはゴキブリの代わりにmustard packet(マスタード)が潰されていました。また撮影後にスタッフは全てのゴキブリを数え、どれも欠けていない事を確かめていたと言われています。

  • プロダクション・デザイナーを務めたボー・ウェルチによると、MIBの本部は1960年代の空港に似せて設計したとされています。

  • 劇中に登場する記憶を消す装置ニューラライザーが点滅している時の音は、ストロボフラッシュのコンデンサーを充電している時の音が使用されています。

  • 特殊メイク担当のリック・ベイカーは毎日6時間も掛けヴィンセント・ドノフリオをエドガー(バグ)に変身させていました。

  • 「J」の役はウィル・スミスの前にデヴィッド・シュワイマーがオファーされていました。ですが彼はそれを断っています。

  • ウィル・スミス演じるジェームズ・エドワーズはMIBの試験の際、陸軍からの候補者を冗談で「キャプテン・アメリカ」と呼びましたが、トミー・リー・ジョーンズは後に映画「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」に出演しています。

  • ジェームズ・エドワーズが刑事の時に警察から発行された銃は「Smith and Wesson」の3913NLです。

全部見る

スタッフ

監督
バリー・ソネンフェルド
制作総指揮
スティーブン・スピルバーグ
原作
ローウェル・カニンガム
脚本
エド・ソロモン
音楽
ダニー・エルフマン
撮影
ドン・ピーターマン
美術
ボー・ウェルチ
編集
ジム・ミラー
製作
ウォルター・F・パークス
ローリー・マクドナルド
衣装
メアリー・E・ボグト
特撮監修
エリック・ブレビグ
特殊メイク
リック・ベイカー
全部見る

キャスト(出演者)

  • トミー・リー・ジョーンズ
    K
  • ウィル・スミス
    ジェームズ・エドワーズ/J
  • リンダ・フィオレンティーノ
    ローレル・ウィーバー/L
  • ヴィンセント・ドノフリオ
    エドガー/バグ
  • リップ・トーン
    Z
  • リチャード・ハミルトン
    D
  • トニー・シャルーブ
    ジーブス
  • シオバン・ファロン
    ベアトリス
  • マイク・ナスバウム
    ローゼンバーグ
  • カレル・ストルイケン
    アルキリア星人
  • ティム・ブラニー
    フランク
  • ケント・フォールコン
    ジェンセン
  • パトリック・ブリン
    レジック
  • デヴィッド・クロス
    ニュートン
全部見る
全部見る

作品情報

原題 MEN IN BLACK
上映時間 97分
製作年 1997年
制作国 アメリカ
配給 コロムビア映画
受賞歴
  • 第70回アカデミー賞
  • 第55回ゴールデングローブ賞

シリーズ関連作品

ユーザーレビュー

レビュー投稿フォーム
1
2
3
4
5
投稿する
     
Cancel

レビューを書く

平均評価:  
 1 件のレビュー
97年の映画だとは思えない

97年の映画だとは思えないクオリティでした。
笑えるしリラックスして観れたのでいい作品に出会えました