イキガミ

イキガミ
イキガミ

「イキガミ」は週刊ヤングサンデーで2005年より連載を開始した間瀬元朗の同名コミックを映画化したヒューマンドラマです。
この映画の予告編やDVD・ブルーレイ、最新情報などは下記サイトをチェック!

  • ジャンル:ドラマ
  • カテゴリ:邦画
  • Yahoo!映画ユーザー評価:★★★★
予告編
Youtube
DVD・ブルーレイ
Amazon
詳細情報
画像 / Wikipedia / IMDb
最新情報
ニュース

無料視聴する

あらすじ・作品データ

平和な社会で暮らす国民に対し死への恐怖を植え付けることで「生命の価値」を再認識させる事を目的とした法律「国家繁栄維持法(通称:国繁)」が施工された世界。 この世界では国繁により1000人に一人の確率で選ばれた18歳~24歳の若者の命が奪われていた。

厚生保健省に勤める藤本賢吾(松田翔太)は、政府から発行される国繁の死亡予告証・通称「逝紙(イキガミ)」を本人に届け死亡宣告をする事を仕事としていた。 1000分の一の確率で選ばれ、この紙を貰った若者は24時間以内に死んでしまう。

そんな世界でストリートミュージシャン活躍しメジャーデビューを果たした田辺(金井勇太)や国家繁栄維持法を支持する議員・滝沢和子(風吹ジュン)の息子の直樹(佐野和真)、幼い頃に事故で両親を亡くし、さらには両目の視力を失った妹を守る兄のさとし(山田孝之)にも藤本はイキガミを配達する。

田辺はメジャーデビュー後の初のTV出演で自分の曲を歌いながら倒れるが、彼の死後、歌が大ヒットする。 直樹は選挙中の母を襲撃しようとするが失敗し果てるが、父の信利が新たに出馬を決意する。 そしてさとしは自分の運命を知り妹に角膜移植する事を決意し、彼の命と引き換えに妹のさくらの視力は復活する。

そんな死亡する人間の最後の24時間を目の当たりにした藤本は、上司の石井課長(笹野高史)に仕事の意義を説かれながらも自分の仕事に対する葛藤や苦しみ、疑問を感じはじめる。 だがこの法律に反対する者には政府から処罰が下される。 果たして藤本の運命は…

全部見る(ネタバレあり)

解説

週刊ヤングサンデーやビッグコミックスピリッツなどで不定期で連載され、その衝撃的な設定や世界観が話題を呼んだ間瀬元朗の同名コミックを松田翔太主演で映画化したヒューマンドラマ。 1/1000の確率で選ばれた若者の命が奪われる法律が施行された世界を舞台に、死亡予告証(通称:イキガミ)を受取った者の最後の24時間が描かれる。

出演は「LIAR GAME」シリーズの松田翔太のほか、塚本高史、成海璃子、山田孝之などの実力派が共演する。

なお本作の脚本には原作の間瀬元朗が参加し執筆している。 また撮影は2008年3月4日から2ヶ月間行われており、興行収入は8億円を記録している。

スタッフ

監督
瀧本智行
エグゼクティブプロデューサー
濱名一哉
原作
間瀬元朗
脚本
八津弘幸
佐々木章光
瀧本智行
プロデューサー
佐々木章光
久保田修
黒沢淳
アソシエイトプロデューサー
大岡大介
樋口慎祐
音楽
稲本響
撮影
柴主高秀
美術
矢内京子
編集
高橋信之
録音
横野一氏工
ラインプロデューサー
原田文宏
照明
渡部嘉
スクリプター
柳沼由加里
VFX
進威志
全部見る

キャスト(出演者)

  • 松田翔太
    藤本賢吾
  • 劇団ひとり
    島田
  • 浅利陽介
    鴨井洋介
  • 鈴之助
    下山
  • 笹野高史
    石井課長
  • 柄本明
    参事官
  • 塚本高史
    森尾秀和
  • 金井勇太
    田辺翼
  • りりィ
    田辺美奈子
  • 山崎裕太
    達彦
  • 徳井優
    神波
  • ヒロシ
    ウェイター
  • 風吹ジュン
    滝沢和子
  • 佐野和真
    滝沢直樹
  • 塩見三省
    滝沢信利
  • 成海璃子
    飯塚さくら
  • 井川遥
    近藤医師
  • 山田孝之
    飯塚さとし
全部見る
全部見る

作品情報

米題 IKIGAMI: The Ultimate Limit / Ikigami
上映時間 131分
製作年 2008年
制作国 日本
配給 東宝
主題歌 PhilHarmoUniQue「みちしるべ」
受賞歴 第32回日本アカデミー賞

ユーザーレビュー

レビュー投稿フォーム
1
2
3
4
5
投稿する
     
Cancel

レビューを書く

平均評価:  
 1 件のレビュー
by 映画好き on 映画「イキガミ」
邦画なのに

邦画なのに意外に面白かったです。
松田さんも演技上手いし、余計な説明も省かれているのでよかったです。
見終わった後は楽しかったーってなるような映画ではないですが、色々考えさせられる深い映画でした