<var>変数を示す

<var>タグは変数(variable)を示す要素です。 例えば、プログラミングの中で使用する変数や、数式、方程式などの中で使う変数に対しても利用することができます。 また文章中に変数が出てくる場合にも適用することができます。

<var>は一般的なブラウザでは、斜体で表示されます。 なおプログラムの変数を表す場合は、<code>と併せて利用する事もできます。

HTML5での変更点

HTML5のvar要素は、HTML4.01から大きな変化はありません。

書式

  • <var 属性="値">~</var> ……… プログラムなどの変数を示す

使用した時の例

<p>変数<code><var>ctr</var></code>は、繰り返しの回数となります。</p>
<pre>
<code>
for (var ctr = 0; ctr &lt; 10; ctr++){
  document.write('sample text');
}
</code>
</pre>

ブラウザ上の表示例

変数ctrは、繰り返しの回数となります。


for (var ctr = 0; ctr < 10; ctr++){
  document.write('sample text');
}

対応ブラウザなどのデータ

形式 <var>~</var> カテゴリ フローコンテンツ, フレージングコンテンツ, パルパブルコンテンツ
親要素 フレージングコンテンツが期待される場所 子要素 フレージングコンテンツ
開始タグ 必須 終了タグ 必須
グローバル属性 accesskey / class / contenteditable / contextmenu / dir / draggable / hidden / id / lang / spellcheck / style / tabindex / title / translate
対応ブラウザ Internet Explorer8~ , Google Chrome14~ , Firefox7~ , Opera11.5~ , Safari5.1~