<track>動画・音声のテキストトラック

<track>タグは、動画や音声に字幕などのテキストトラックを埋め込む際に使用します。 <track>自身は何も出力しません。

使い方はkind属性でトラックの種類を指定します。 属性値は下記の表を参考にして下さい。

kind属性について
説明
subtitles 音声は聞こえるが、言葉が理解できない時のための翻訳や書き写しなどの字幕を表します。動画の上に表示されます。
captions 音声が聞こえない時のための翻訳や書き写しなど、耳が不自由な人向けの字幕を表します。動画の上に表示され「難聴向け」とラベルが付けられます。
descriptions 動画を見る事ができない時のために、動画をテキストで表します。合成音声で出力される事を想定し、音声トラックとは別に音声合成されます。
chapters インターフェース上に表示されるチャプタータイトルを表します。ユーザーエージェントにリスト表示されます。(シーンなどの切替え操作ができるようになる)
metadata スクリプトから利用するためのトラックとなります。ユーザーエージェントには表示されません。

src属性でテキストトラックデータのurlを指定し、srclang属性でテキストトラックの言語を指定します。

default属性を指定した場合は、そのトラックがデフォルトの状態で有効となることを示します。 ただし、1つのvideo要素、またはaudio要素に含まれる複数のtrack要素の中で、1つのtrack要素にのみdefault属性を指定することができます。

HTML5での変更点

track要素は、HTML5から追加された要素です。

書式

  • <track 属性="値"> ……… 動画・音声のテキストトラック

属性

kind="" トラックの種類を指定
src="url" 埋め込むテキストトラックのurlを指定
srclang="" テキストトラックの言語を指定
label="" トラックの名前を指定。ここで指定したタイトルはインターフェース上にリスト表示される
default トラックを有効にする

使用した時の例

<video width="400" height="260" autoplay controls>
<source src="sample.mp4" type="video/mp4">
<source src="sample.ogv" type="video/ogg">
<source src="sample.webm" type="video/webm">
<track src="example.srt" kind="subtitles">
<p>このブラウザは対応していません。</p>
</video>

対応ブラウザなどのデータ

形式 <track kind="" src=""> カテゴリ なし
親要素 audio, video, フローコンテンツ 子要素 なし
開始タグ 必須 終了タグ なし
グローバル属性 accesskey / class / contenteditable / contextmenu / dir / draggable / hidden / id / lang / spellcheck / style / tabindex / title / translate
対応ブラウザ Internet Explorer , Google Chrome , Firefox