<s>不正確・無関係な事を示す

<s>タグは、その内容がもはや正確ではなくなった、またはもはや関連性がなくなった事を示す要素です。 文章の一部を削除した事を示すために、<s>を使用するのは適切ではありません。 このような場合は<del>を利用するようにします。

なお一般的なブラウザでは、<s>~</s>で囲まれた部分は取り消し線が引かれた状態で表示されます。

HTML5での変更点

HTML4.01のs要素は、テキストに対して打ち消し線を引くという要素でした。 ですがHTML5では、「その内容がもはや正確ではなくなった、もはや関連性がなくなった」という意味に変わったため、スタイリングを目的とした打ち消し線を引く場合は、CSSでの代替が推奨されています。

例えば下記の使用例の場合なら、s要素の部分には削除されたという意味はありません。 あくまでも、定価がすでに関係なくなっているという意味になります。 この場合で、訂正のために削除したという意味を示したいなら、s要素ではなくdel要素を使います。

なおs要素は訂正されたことを示す要素ではないため、「削除された」という意味を持っていません。 ですので、「本来記述してあったが、削除したもの」という表現を示したい場合はdel要素を使用します。

またHTML5のs要素は非推奨ではなくなっています

書式

  • <s 属性="値">~</s> ……… 不正確・無関係という事を示す

使用した時の例

<p>買うなら今!</p>
<p><s>定価:10,000円</s></p>
<p>今なら割引価格:100円に!</p>

下記はdelを使用した場合の例です。
ブラウザ上ではどちらも打ち消し線が引かれますが、意味は異なるので注意して下さい。

<p><del>今なら割引価格:100円に!</del></p>
<p><ins>価格に誤りがありました。正しくは1,000円となります</ins></p>
<p>誠に申し訳ないですが、既に頂いたご注文はキャンセルさせて頂きます。</p>

ブラウザ上の表示例

買うなら今!

定価:10,000円

今なら割引価格:100円に!

今なら割引価格:100円に!

価格に誤りがありました。正しくは1,000円となります

誠に申し訳ないですが、既に頂いたご注文はキャンセルさせて頂きます。

対応ブラウザなどのデータ

形式 <s>~</s> カテゴリ フローコンテンツ, フレージングコンテンツ, パルパブルコンテンツ
親要素 フレージングコンテンツが期待される場所 子要素 フレージングコンテンツ
開始タグ 必須 終了タグ 必須
グローバル属性 accesskey / class / contenteditable / contextmenu / dir / draggable / hidden / id / lang / spellcheck / style / tabindex / title / translate
対応ブラウザ Internet Explorer8~ , Google Chrome14~ , Firefox7~ , Opera11.5~ , Safari5.1~