<rp>カッコで囲むルビ

<rp>タグは、ruby要素に対応していないブラウザで、ルビがそのまま通常のテキストとして表示された場合に、ルビの前後に表示する記号を指定するために使用する要素です。

Safari4やFirefox3.6などのようなブラウザでは、ruby要素はサポートされていません。 このようなブラウザではruby要素はルビとしてレンダリングされず、rt要素がテキストとして表示されてしまいます。 そのような場合にrp要素を利用する事で、テキストとして表示される部分に括弧などを表示(Ruby Parentheses)させることができます。

またルビに対応しているブラウザでは、rp要素で指定した内容は無視されます。(何も表示されません)

使い方はルビを振りたい部分全体をruby要素で囲み、ルビを振る各文字のあとにrt要素でルビを指定します。 rp要素は、rt要素の前後に配置します。

書式

  • <rp 属性="値">~</rp> ……… ルビを囲む記号を指定する

使用した時の例

<ruby>
鎌<rp>(</rp><rt>かま</rt><rp>)</rp>
倉<rp>(</rp><rt>くら</rt><rp>)</rp>
時<rp>(</rp><rt>じ</rt><rp>)</rp>
代<rp>(</rp><rt>だい</rt><rp>)</rp>
</ruby>
  
<ruby>
<rb>鎌倉時代</rb>
  <rp>(</rp>
  <rt>かまくらじだい</rt>
  <rp>)</rp>
</ruby>
 
<ruby>
<rb>朝</rb><rb>御</rb><rb>飯</rb>
<rp>(</rp><rt>あさ</rt><rt>ご</rt><rt>はん</rt><rp>)</rp>
</ruby>

ブラウザ上の表示例

(かま)(くら)()(だい)
鎌倉時代 ( かまくらじだい )
あさはん

※ルビに未対応のブラウザでは、鎌倉時代(かまくらじだい)というように表示されます。(rp要素で記号を指定した場合)

対応ブラウザなどのデータ

形式 <rp>~</rp> カテゴリ なし
親要素 ruby 子要素 フレージングコンテンツ
開始タグ 必須 終了タグ 省略可能
グローバル属性 accesskey / class / contenteditable / contextmenu / dir / draggable / hidden / id / lang / spellcheck / style / tabindex / title / translate
対応ブラウザ Internet Explorer8~ , Google Chrome14~ , Firefox7~ , Opera11.5~ , Safari5.1~