<param>objectのパラメータを指定する

<param>タグは、<object>で埋め込んだプラグインに渡すパラメータを指定します。 <param>自体は何も意味を持ちません。

<param>タグは、object要素内に配置し、objectとして埋め込むプラグインの初期値(parameter)を指定します。 name属性でパラメータの名前を、value属性でパラメータの値を指定します。 name属性とvalue属性は両方とも指定する必要があります。

またフォールバックとして機能させる要素はparam要素よりも後に記述して下さい。

HTML5での変更点

HTML5のparam要素は、HTML4.01で用意されていたvaluetype属性とtype属性が廃止されています。

書式

  • <param 属性="値"> ……… プラグインのパラメータを指定

属性

name="" パラメータの名前を指定
value="" パラメータの値を指定

使用した時の例

<object type="application/x-shockwave-flash" width="300" height="200">
<param name="movie" value="sample.swf">
<param name="play" value="true">
<param name="loop" value="true">
<p>flashを再生できません</p>
</object>

対応ブラウザなどのデータ

形式 <param name="" value=""> カテゴリ なし
親要素 object要素 子要素 なし
開始タグ 必須 終了タグ なし
グローバル属性 accesskey / class / contenteditable / contextmenu / dir / draggable / hidden / id / lang / spellcheck / style / tabindex / title / translate
対応ブラウザ Internet Explorer8~ , Google Chrome14~ , Firefox7~ , Opera11.5~ , Safari5.1~