<link>リソースへのリンクの指定

<link>タグは、HTML文書に対してCSSファイルやRSSなどの外部リソースへのリンクを指定します。 <link>タグは<head>~</head>内に記述します。

<link>には、rel属性、href属性(URL)、title属性(リソースのタイトル)、hreflang属性(言語)、media属性(メディア)などを指定することができますが、<link>にはhref属性とrel属性が必須となります。

href属性で、リソースあるいはハイパーリンクのアドレスを指定し、rel属性でその参照するファイルの内容を示します。 href属性・rel属性を指定しない場合は、<link>タグでの設定は無効となります。

またmedia属性では、リソースを適用すべきメディアの種類を指定します。 media属性を省略した場合は、初期値の「all」が適用されるため、すべてのメディアに対してリソースが適用されます。

その他のhreflang属性ではリソースの言語を、type属性ではリソースのMIMEタイプを、title属性ではリソースのタイトルを指定することができます。 ただしtitle属性は汎用的な属性ですが、rel属性の値を「stylesheet」と設定している場合、代替スタイルシートのグループ名をtitle属性の値に指定します。

またsize属性はrel属性の値がiconの時に使用されるので、「10×10」などのようにアイコン画像の縦横のピクセル数を指定して下さい。

なお<link>タグはHTML文書内に複数記述することができます。 例えばrel属性の値にstylesheetを指定し、複数の外部CSSファイルを読み込む事などが可能です。 この場合リンクさせた全ての外部CSSファイルが有効となります。

※スタイル競合時の優先度は、後から読み込まれたCSSファイルの方が優先される

HTML5での変更点

HTML5の<link>タグは、HTML4.01から大きな変化はありません

書式

  • <link 属性="値"> ……… 外部リソースの参照

属性

href="url" リンクする別の文書のURL(必須)
rel="" この文書から見たhref属性で指定する別の文書との関連を指定。半角スペースで区切って複数のリンクタイプを指定することも可能。
hreflang="" リンクする別の文書の基本となる言語コードを指定
media="" リソースに適したメディア記述子を指定。
type="" リソースのMIMEタイプを指定
size="" アイコンのサイズを指定。値には「any」またはアイコンのサイズを所定の書式で指定。

rel属性のリンクタイプ

alternate 現在の文書の代替文書を指定
author 著者へのリンク
help 文脈に応じたヘルプへのリンク
icon 文書のアイコンのURL
license 文書のライセンスへのリンク
next 次の文書へのリンク
pingback pingbackサーバーのアドレス
prefetch 先にキャッシュすべきリソース
prev 一つ前の文書へのリンク
search 現在の文書、関連する文書を検索するページのアドレス
sidebar サイドバーに表示される参考文書のアドレス
stylesheet スタイルシートのアドレス
tag 文書に適用されるタグ

使用した時の例

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
 <meta charset="UTF-8">
 <title>タイトル</title>
 <link rel="stylesheet" href="style.css" type="text/css">
</head>
<body>本文</body>
</html>

対応ブラウザなどのデータ

形式 <link rel="" href=""> カテゴリ メタデータコンテンツ
親要素 メタデータコンテンツを子要素にもてるもの 子要素 なし
開始タグ 必須 終了タグ なし
グローバル属性 accesskey / class / contenteditable / contextmenu / dir / draggable / hidden / id / lang / spellcheck / style / tabindex / title / translate
対応ブラウザ Internet Explorer3~ , Google Chrome1~ , Firefox1~ , Opera1~ , Safari1~