<input type="hidden">隠しデータを指定

<input>タグのtype属性の値がhiddenの場合、ユーザーが値を見たり操作したりできないような入力値のフィールドを示します。 これは隠しデータと呼ばれていますが、HTMLソースを表示すると誰でも見る事ができるので注意して下さい。

また<input type="hidden">の場合、そのフォーム部品はブラウザ上に表示される事はありません。 なお<form>でデータが送信される際は、name属性とvalue属性で指定した値がセットになって送信されてきます。

書式

  • <input type="hidden" 属性="値"> ……… 隠し値(非表示データ)を送信

属性

type="hidden" 隠しデータを送信する
name="" フィールド(部品)に名前を付ける
value="" 送信される値を指定
disabled 部品を無効にする
form="" 関連付けたいform要素のid名を指定。

使用した時の例

<form method="post" action="sample.cgi">
  <p><input type="hidden" name="hidden" value="表示されない送信値"></p>
  <p>名前:<input type="text" name="name"></p>
  <p><input type="submit" value="送信"></p>
</form>

ブラウザ上の表示例

名前:

対応ブラウザなどのデータ

形式 <input type="hidden"> カテゴリ フローコンテンツ,フレージングコンテンツ,リスト化,送信可能,リセット可能なフォーム関連要素
親要素 フレージングコンテンツが期待できる場所 子要素 なし
開始タグ 必須 終了タグ なし
グローバル属性 accesskey / class / contenteditable / contextmenu / dir / draggable / hidden / id / lang / spellcheck / style / tabindex / title / translate
対応ブラウザ Internet Explorer8~ , Google Chrome14~ , Firefox7~ , Opera11.5~ , Safari5.1~