<html>文書のルートを示す

<html>タグは文書のルートに当たる要素で、内容が始まる事を表します。 htmlの要素の階層構造で言うと、もっとも上に位置する要素で、!DOCTYPE宣言の後に配置します。

またその他のすべての要素は<html>~</html>の中に配置します。 ただし子要素として直接配置できるのは<head>と<body>となっており、まず<head>~</head>を入れ、次に<body>~</body>を入れます。

なおhtml要素にlang属性を指定する事で、日本語や英語など、文書全体のベースとなる言語を示すことができます。 例えば日本語の場合であればlang="ja"、英語であればlang="en"となります。

HTML5での変更点

HTML4.01から特別大きな変更点はありませんが、manifest属性が追加されています。

manifest属性は、webアプリケーション・キャッシュを指定するための属性です。 例えば、ユーザーがインターネットに接続していない状況でもwebアプリケーション(webサイト)を利用できるように、webアプリケーションを構成するリソースをローカルにキャッシュし、そのリソースを参照・実行できるようにするためのものです。

ただし、HTML文書とは別にmanifestファイルが必要となります。

またmanifest属性はbase要素より先に処理されます。 そのためbase要素で相対パスの基準URIの指定をしてもmanifest属性には効果がありませんので注意して下さい。

書式

  • <html 属性="値">~</html> ……… HTML文書のルートを示す

属性

manifest="url" アプリケーション・キャッシュ・マニフェストのURLを指定します。

使用した時の例

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>タイトル</title>
</head>
<body>
本文
</body>
</html>

対応ブラウザなどのデータ

形式 <html>~</html> カテゴリ なし
親要素 なし 子要素 head要素、body要素
開始タグ 省略可 終了タグ 省略可
グローバル属性 accesskey / class / contenteditable / contextmenu / dir / draggable / hidden / id / lang / spellcheck / style / tabindex / title / translate
対応ブラウザ Internet Explorer2~ , Google Chrome1~ , Firefox1~ , Opera1~ , Safari1~