<head>文書のヘッダ情報を示す

<head>タグは、html文書のメタデータの集まりを示す要素です。 メタデータとは、そのhtml文書のタイトル(<title>)やリンク情報(<link>)、基準URL(<base>)、メタ情報(<meta>)、スタイルシート(<style>)などの情報の事です。 これらのメタデータのタグは、すべて<head>~</head>内に記述します。

またhtml文書に限った事ではないですが、こういったメタデータを埋め込む領域の事を「ヘッダ情報」と呼びます。

なお<head>内に記述した情報は、<title>で指定した内容を除いて、そのほとんどは画面上には表示されません。

HTML5での変更点

HTML4.01から大きな変更はありませんが、html5ではhead要素のprofile属性が廃止されています。

またHTML5からは、header要素がレイアウト向けの要素として追加されていますが、head要素と名前が似ているので注意して下さい。 2つの違いは、header要素が「レイアウトとしてのヘッダ」となるのに対し、head要素は「文書としてのヘッダ」です。

つまりheader要素はbody要素内に入ります。 それに対しhead要素は文書としてのヘッダですので、ブラウザなどに対して、この文書がどういった文書なのか分かりやすくする事が目的となります。

書式

  • <head 属性="値">~</head> ……… 文書のヘッダ情報を示す

使用した時の例

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
 <meta charset="UTF-8">
 <title>タイトル</title>
 <link rel="stylesheet" href="style.css">
 <meta name="keywords" content="キーワード"> 
 <meta name="description" content="説明">
</head>
<body>本文</body>
</html>

対応ブラウザなどのデータ

形式 <head>~</head> カテゴリ なし
親要素 html要素 子要素 メタデータコンテンツ
開始タグ 省略可 終了タグ 省略可
グローバル属性 accesskey / class / contenteditable / contextmenu / dir / draggable / hidden / id / lang / spellcheck / style / tabindex / title / translate
対応ブラウザ Internet Explorer2~ , Google Chrome1~ , Firefox1~ , Opera1~ , Safari1~