<figcaption>図表のキャプションを示す

<figcaption>タグは、<figure>タグによる図表のキャプション(説明文)を示したい場合に使用します。

使い方は<figure>~</figure>内の最初か最後に<figcaption>を配置し、そこにfigcaption要素以外の部分に対する説明文(キャプション)を記述します。

なおfigcaption要素はInternet Explorer8には対応していません。 また図表についは詳しくは<figure>を参照下さい。

HTML5での変更点

figcaption要素は、HTML5から追加された要素です。 HTML5.1の場合は、figcaption要素を任意の位置に配置することが可能です。

またキャプションのスタイルを変更したい場合は、スタイルシートを使用します。

書式

  • <figcaption 属性="値">~</figcaption> ……… 図表のキャプションを示す

使用した時の例

<p>当社のクッキーは朝日山の工場で生産しています。</p>
<figure>
<img src="cookie.jpg" alt="チョコクッキーのサンプル写真" width="300" height="300">
<figcaption>クッキーのイメージ</figcaption>
</figure>

ブラウザ上の表示例

当社のクッキーは朝日山の工場で生産しています。

チョコクッキーのサンプル写真
クッキーのイメージ

対応ブラウザなどのデータ

形式 <figcaption>~</figcaption> カテゴリ なし
親要素 figure 子要素 フローコンテンツ
開始タグ 必須 終了タグ 必須
グローバル属性 accesskey / class / contenteditable / contextmenu / dir / draggable / hidden / id / lang / spellcheck / style / tabindex / title / translate
対応ブラウザ Internet Explorer8~ , Google Chrome14~ , Firefox7~ , Opera11.5~ , Safari5.1~