<!DOCTYPE html>ドキュメントタイプの宣言する

<!DOCTYPE html>は、文書の最初の行に記述するドキュメントタイプ宣言です。 この宣言を記述することで、このファイルがHTML5で作成されたものである事を宣言します。

これまでのHTML(XHTML)においては、「DTD(Document Type Definition)」に則ってHTML文書を記述しなくてはならないというルールがあったため、HTML文書の先頭に記述するDOCTYPE宣言は重要なものでした。 ですがHTML5にはDTDはありません。 HTML5では、そのような情報は仕様書の中に直接記載されています。 そのためHTML5では、DOCTYPE宣言でDTDを示す必要はなくなりました。

こういった理由からHTML5では、これまでのように複雑かつ長文のDOCTYPE宣言は不要となります。 例えばHTML4.01では、下記のようにDOCTYPE宣言を記述していました。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">

ですが、HTML5では次のように記述します。

<!DOCTYPE html>

HTML5のDOCTYPE宣言は、一般的にはブラウザの表示モード(標準モードと互換モード)を「標準モード」にするだけの目的で使用されます。 そのため上記のようなシンプルなHTMLソースとなっています。

またDOCTYPE宣言を記述しなくてもブラウザ上の表示は特に問題なく見える場合もあります。 ですが原則的にはDOCTYPE宣言は必要で、記述しない場合は、一般的なブラウザでは「互換モード」で表示される傾向にあります。

※互換モードとは、過去のブラウザでも表示できるようなレイアウトで表示するモード(cssの解釈が標準と異なるため、意図しないレイアウトになる場合がある)
標準モードとは、css標準に準じて表示するモード

稀に大手webサイトでもDOCTYPE宣言を記述していない事もありますが、これは古いブラウザでも正常に表示できるように考慮したHTMLのソース構成となっているためです。 セマンティックなwebサイトを構築したい場合は、「互換モード」の事は考慮する必要はないでしょう。

なおHTML構文においては、DOCTYPE宣言は必須となり、大文字と小文字の区別はされません。

書式

  • <!DOCTYPE html> ……… HTML文書であることを宣言する

使用した時の例

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>タイトル</title>
</head>
<body>
<p>内容</p>
</body>
</html>

対応ブラウザなどのデータ

形式 <!DOCTYPE html>
対応ブラウザ Internet Explorer4~ , Google Chrome1~ , Firefox1~ , Opera , Safari3~