<bdo>文字の流れる方向を指定

<bdo>タグは、UNICODEの双方向アルゴリズムを無効にした上で、文字が流れる方向を指定する要素です。 bdo要素を使用する事で、UNICODEの方向指定との衝突を避ける事ができます。

文字表記の方向はdir属性で指定します。 例えば「dir="ltr"」と指定すると、文字は左から右へ流れ、「dir="rtl"」と指定すると、文字が右から左へ流れるようになります。

※ltrはleft-to-right、rtlはright-to-leftの事。

またbdo要素を使用すると日本語や英語などの文字の流れる方向も変更できます。 ですが、この要素をスタイリング目的で使う事は適切ではありません。 このような目的の場合は、cssの「direction:rtl;」を使用します。

HTML5での変更点

HTML5のbdo要素は、HTML4.01から大きな変化はありません。

書式

  • <bdo 属性="値">~</bdo> ……… 文字表記の基本方向を指定

使用した時の例

<p>
日本語は基本的には左から右に書きます。<br />
<bdo dir="rtl">ですが、右から左へ書く時代もありました。</bdo>
</p>

ブラウザ上の表示例

日本語は基本的には左から右に書きます。
ですが、右から左へ書く時代もありました。

対応ブラウザなどのデータ

形式 <bdo dir="">~</bdo> カテゴリ フローコンテンツ, フレージングコンテンツ, パルパブルコンテンツ
親要素 フレージングコンテンツが期待される場所 子要素 フレージングコンテンツ
開始タグ 必須 終了タグ 必須
グローバル属性 accesskey / class / contenteditable / contextmenu / dir / draggable / hidden / id / lang / spellcheck / style / tabindex / title / translate
対応ブラウザ Internet Explorer8~ , Google Chrome14~ , Firefox7~ , Opera11.5~ , Safari5.1~