<base>相対URLの基準を指定

<base>タグは、HTML文書のベースとなるURL(相対パスで記述した時に省略されるURLの部分)と、デフォルトのブラウジングコンテキスト(webページがユーザーに表示される環境)を示す際に使用します。

例えば<head>~</head>内に<base>を記述する事で、そのHTML文書内の相対パスの基準URLを変更することができます。 ただしbase要素を複数指定する事はできず、一つのHTML文書内に最大1つまでしか指定できません。

また<base>タグには、href属性が必須となります。 href属性では基準URLの指定を行います。 これをする事で、HTML文書内の相対URLの基準がhref属性で指定したアドレスとなります。 (基準URLは外部サイトであっても問題ありません)

デフォルトのブラウジングコンテキストは、target属性で指定できます。 これをすることで、target属性の指定がないリンクは、base要素のtarget属性で指定したブラウジングコンテキストとなります。

なおローカル環境でHTMLの表示テストを行う場合は、base要素で相対パスの基準URLを指定しておくと便利です。

HTML5での変更点

HTML5のbase要素は、HTML4.01から大きな変化はありません。

書式

  • <base 属性="値"> ……… 相対URLの基準を指定

属性

href="url" 他の相対URIの基準となる絶対URIを指定します。
target="" ブラウジングコンテキストを指定します。各リンク要素でtarget属性が指定されている場合は、その値が優先されます。値はvalidなブラウジングコンテキスト名か、下記のいずれかを指定します。
  • _blank …… 新しいウィンドウ・タブにリンク先を表示
  • _self …… 現在のウィンドウにリンク先を表示
  • _parent …… 現在のウィンドウの親ウィンドウにリンク先を表示
  • _top …… 現在のウィンドウのトップレベルのウィンドウにリンク先を表示

使用した時の例

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
 <meta charset="UTF-8">
 <title>タイトル</title>
 <base href="http://www.sample.jp/" target="_blank">
</head>
<body>
<a href="sample1.html">ページ1</a>
</body>
</html>

解説

上記のサンプルの場合、基準URLが「http://www.sample.jp/」となるので、「ページ1」のリンク先のアドレスは「http://www.sample.jp/sample1.html」となります。 なのでリンク部分の「ページ1」をクリックすると「http://www.sample.jp/sample1.html」のページへ移動します。

またtarget属性に「_blank」を設定しているので、「ページ1」をクリックすると別ウィンドウで表示されます。 なおhref属性、またはtarget属性が指定された複数のbase要素がある場合、最初のbase要素の属性のみが有効となります。

対応ブラウザなどのデータ

形式 <base href="">
<base target="">
カテゴリ メタデータコンテンツ
親要素 他のbase要素がないhead 子要素 なし
開始タグ 必須 終了タグ なし
グローバル属性 accesskey / class / contenteditable / contextmenu / dir / draggable / hidden / id / lang / spellcheck / style / tabindex / title / translate
対応ブラウザ Internet Explorer2~ , Google Chrome1~ , Firefox1~ , Opera1~ , Safari1~