<style="">要素に直接スタイルを指定する

要素に直接スタイルを指定するには、HTML文書中の任意のタグにstyle属性を追加し、そこに直接CSSを書き込みます。 そうする事で、その要素だけに有効なスタイルを指定することができます。

cssのプロパティを複数指定した場合は、それぞれを「;」で区切って指定します。 また、この指定方法を使う場合は、そこに書かれているスタイルシート言語を特定する手段がありませんので、<META>を使用し、基準となるスタイルシート言語を宣言しておくようにして下さい。

なおstyle属性はXHTML1.1では非推奨となっています。

使用した時の例

<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
</head>

<!-- 途中省略 -->

<p style="color: red;">この要素だけが赤色になります</p>
<p style="text-decoration: underline; font-weight: bold;">この要素だけ下線が引かれ、太字となります。</p>

ブラウザ上の表示例

この要素だけが赤色になります

この要素だけ下線が引かれ、太字となります。

書式

  • <要素名 style="スタイルシート"> …… 任意の要素に直接スタイルを指定する
  • <要素名 style="スタイルシート; スタイルシート;"> …… 複数の指定をする場合

対応ブラウザなどのデータ

対応ブラウザ Internet Explorer7~ , Google Chrome , Firefox , Opera , Safari