【speak-punctuation】句読点や記号を読むかどうかを指定

speak-punctuationプロパティでは、セミコロンやカッコといった句読点や記号などを読み上げるかどうかを指定することができます。 初期値ではnoneが設定されており、句読点や記号などは読み上げられませんが、代わりに適切な長さの休止が入れられます。

なおcss2.1では、speak-punctuationプロパティは廃止されています。

またこのプロパティは音声ブラウザなどで使用されるプロパティですので、InternetExplorerなどの視覚系ブラウザでは利用できません。

書式

  • speak-punctuation : ……… 句読点や記号を読み上げるかどうか

★:none、code

none
句読点や記号部分を読み上げません。その部分には適切な休止が入ります。(初期値)
code
句読点や記号部分をそのまま読み上げます。

使用した時の例

.sample1 {speak-punctuation: code;}

対応ブラウザなどのデータ

初期値 none 値の継承 継承する
適用可能な要素 すべての要素

関連情報