【speak-header】表の見出しを読み上げるタイミング

speak-headerプロパティでは、表の見出しを読み上げるタイミングを指定することができます。 例えば表(テーブル)の内容を読み上げる際に表の各データセル(td要素)に対して見出しセル(th要素)をどのタイミングで読み上げるか、などを設定します。

これは読み上げの途中で表のデータセルと見出しセルが理解しずらくなる事があるためで、それを避けるために見出しセルを読み上げるタイミングを指定します。

なおcss2.1では、speak-headerプロパティは廃止されています。

またこのプロパティは音声ブラウザなどで使用されるプロパティですので、InternetExplorerなどの視覚系ブラウザでは利用できません。

書式

  • speak-header : ……… 表の見出しセルを読み上げるタイミングを指定

★:once、always

once
ヘッダセルに対応するデータセルのまとまりを読む前に、一度だけヘッダセル(見出しセル)を読み上げます。
always
1つのデータセルを読むたびに、対応するヘッダセルを毎回読み上げます。

使用した時の例

th {speak-header: always;}

対応ブラウザなどのデータ

初期値 once 値の継承 継承する
適用可能な要素 th,td(テーブルのヘッダ情報を持つ要素)

関連情報