【size】ページボックスのサイズ・向きの設定

sizeプロパティでは、印刷時のページボックスのサイズと向きを設定することができます。

ページボックスとは、印刷するページ(1つのページ)を1つのボックスとして捉えた考え方でhtmlには現れません。 このため印刷時のプロパティは、通常のセレクタでは設定ができません。 そこで@pageなどを使用し、印刷する際のページサイズや向きの設定などを行います。

値には数値+単位で指定する方法、キーワードで指定する方法がありますが、数値+単位で指定する場合、値を1つだけ設定すると幅と高さに同じ値が適用され、2つ指定すると幅と高さに各値が適用されます。 また単位にはexやemなどを使用する事はできませんので注意して下さい。

なおsizeプロパティはCSS2.0で定義されましたが、CSS2.1では削除されています。

書式

  • size : ……… ページボックスのサイズと向きの指定

★:auto、数値+単位、portrait、inherit、他下記参照

auto
出力先に合わせてサイズと向きを自動計算します。これが初期値
数値+単位
数値にmm、pt、inなどの単位を付けて指定します。例えば「size: 100mm 200mm」なら横幅100mm、高さ200mmとなります。なおemやexといった単位は指定できません。
portrait
縦長の向きで印刷します。サイズは出力先に合わせて自動計算されます。
landscape
横長の向きで印刷します。サイズは出力先に合わせて自動計算されます。

使用した時の例

@page {size:100mm 200mm;}

/* 下記は向きを変更して余白を空けたい場合の例 */
@page {
  size: landscape;
  margin: 50mm;
} 

対応ブラウザなどのデータ

初期値 auto 値の継承 継承しない
適用可能な要素 スクロールバーを持つ要素
メディア visual / page

関連情報