【pause-after】要素の後で読み上げる音声を一時停止

pause-afterプロパティでは、読み上げる音声を指定した要素の後で一時停止することができます。 読み上げを一時停止する時間(休止時間)は、秒、ミリ秒、または%値で設定することが可能です。

要素の前で音声を一時停止したい場合は、pause-beforeプロパティを使用します。

なおcss2.1では、pause-afterプロパティは廃止されています。

またこのプロパティは音声ブラウザなどで使用されるプロパティですので、InternetExplorerなどの視覚系ブラウザでは利用できません。

書式

  • pause-after : ……… 要素の後で読み上げる音声を一時停止する

★:時間、%値

時間
一時停止(休止)する時間を秒(s)、またはミリ秒(ms)で指定します。
%値
speech-rateプロパティで設定した読み上げ速度(1分間当たりの単語数)で、1単語分の長さを100%とした割合で%値を指定します。
例えば読み上げ速度が1分間に120語の場合、1単語にかかる時間が0.5秒となります。なので100%を指定すれば0.5秒、20%を指定すれば0.1秒の一時停止(休止)時間がとられるようになります。

使用した時の例

.sample1 {pause-after: 1200ms;}
.sample2 {pause-after: 1s;}
.sample3 {pause-after: 80%;}

対応ブラウザなどのデータ

初期値 0 値の継承 継承しない
適用可能な要素 すべての要素

関連情報