【line-break】禁則処理の指定

line-breakプロパティでは、厳密な禁則処理を指定することができます。 禁則処理とは、句読点や括弧等の約物が行頭や行末に来ないように、字詰めやテキストの長さを調整したりすることです。

このline-breakプロパティを設定すると、句読点やカッコ、促音(「っ」「ょ」など)や長音、ハイフンなどの文字が行頭、あるいは行末にならないように設定できます。

また厳密に禁則処理を行うには、値にstrictを指定します。 そうすることで日本語テキストの場合は特に読みやすい文章となります。

なおline-breakプロパティは、Internet Explorer独自のプロパティとなっています。

書式

  • line-break : ……… 厳密な禁則処理を行う

★:normal、strict

normal
ブラウザに依存した禁則処理を行う
test
厳密な禁則処理を行う

使用した時の例

.sample1 {line-break: normal;}
.sample2 {line-break: strict;}
<p class="sample1">禁則処理を指定するとテキストの最後の「。」や「っ」などが改行されたり、
改行されなかったりするようになります。通常、禁則処理はブラウザで設定されている処理方法にも
とづいて行われますが、line-breakの値を指定することで、それらを制御できます。</p>

<p class="sample2">禁則処理を指定するとテキストの最後の「。」や「っ」などが改行されたり、
改行されなかったりするようになります。通常、禁則処理はブラウザで設定されている処理方法にも
とづいて行われますが、line-breakの値を指定することで、それらを制御できます。</p>

ブラウザ上の表示例

禁則処理を指定するとテキストの最後の「。」や「っ」などが改行されたり、改行されなかったりするようになります。 通常、禁則処理はブラウザで設定されている処理方法にもとづいて行われますが、line-breakの値を指定することで、それらを制御できます。

禁則処理を指定するとテキストの最後の「。」や「っ」などが改行されたり、改行されなかったりするようになります。 通常、禁則処理はブラウザで設定されている処理方法にもとづいて行われますが、line-breakの値を指定することで、それらを制御できます。

※ブラウザの横幅を変えて、表示の違いを確認して下さい。

対応ブラウザなどのデータ

初期値 normal 値の継承 継承する
適用可能な要素 address, blockquote, body, center, dd, dir, div, dl, dt, fieldset, form, hn, hr, legend, li, listing, marquee, menu, ol, p, plaintext, pre, table, td, th, tr, ul, xmp(ブロック要素)
メディア visual
対応ブラウザ Internet Explorer5~

関連情報