【ime-mode】IME(日本語変換機能)の指定

ime-modeプロパティでは、input要素にフォーカスした際にIME(日本語変換機能)の状態を指定する事ができます。

IMEとはInput Method Editorの略称で、日本語を入力するためのソフトの事です。 ime-modeでは主に、input要素のテキスト入力欄における文字入力の方法を最初から日本語入力モード、英語入力モードなどに設定することが可能です。

ただしime-modeプロパティはInternet Explorerが独自に拡張した機能となっています。 Firefoxのime-modeでは、パスワードフィールドにも適用することが可能です。

書式

  • ime-mode : ……… テキスト入力時のIME(日本語変換機能)の状態を指定

★:auto、active、inactive、disabled

auto
入力モードを変更せず、自動設定にします(初期値)
active
IMEをオンにし、初期値を日本語入力モードにします。
inactive
IMEをオフにし、初期値を英数字入力モードにします。
disabled
IMEを使用禁止にし、ユーザーによるモード変更をさせません。(英数字入力モード)

使用した時の例

.sample1 {ime-mode: auto;}
.sample2 {ime-mode: active;}
.sample3 {ime-mode: inactive;}
.sample4 {ime-mode: disabled;}
<div>自動: <input type="text" value="auto" class="sample1"></div>
<div>日本語入力モード: <input type="text" value="active" class="sample2"></div>
<div>英数字入力モード: <input type="text" value="inactive" class="sample3"></div>
<div>英数字入力モード: <input type="text" value="disabled" class="sample4"></div>

ブラウザ上の表示例

自動:
日本語入力モード:
英数字入力モード:
英数字入力モード:

※テキストフィールドに文字を入力すると、各値ごとに最初から入力モードが切替わっているのが確認できます(対応ブラウザのみ)

対応ブラウザなどのデータ

初期値 auto 値の継承 継承しない
適用可能な要素 入力可能要素
メディア visual
対応ブラウザ Internet Explorer5~ , Firefox3~