【Engrave()】エングレーブ表示する

filterプロパティのEngrave()では、画像やテキストをへこませたようなエングレーブ表示(版画のような表示)する事ができます。

書式などについて詳しくはfilterを参照して下さい。 なおこのプロパティは、Internet Explorer10以降では未対応となっています。

書式

  • filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.Engrave(★) ……… エングレーブ表示する

★:Bias=彫りの深さ

Bias=彫りの深さ
彫りの深さの度合いを-1.0~1.0の範囲で指定します。(-1.0:窪む~1.0:隆起)
※初期値0.7
Enabled
フィルタを実行するか指定します。有効にする場合「1」または「true」、無効にする場合は「0」または「false」を指定。

「Bias=彫りの深さ」の場合、値の取得はできますが、指定する事はできません。ですので初期値が適用されます。

使用した時の例

.sample1 img {
  filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.Engrave();
}
<p>フィルタを適用していない画像<br />
  <img src="image.jpg" alt="" width="130" height="87">
</p>
<p class="sample1">Engrave()を適用した画像<br />
  <img src="image.jpg" alt="" width="130" height="87">
</p>

ブラウザ上の表示例

フィルタを適用していない画像

Engrave()を適用した画像

対応ブラウザなどのデータ

プロパティ 独自拡張
対応ブラウザ Internet Explorer5.5~
※IE10以降は未対応

関連情報