【min-width】内容領域の最小の幅を指定

min-widthプロパティでは、内容領域の最小の幅を指定することができます。最小値を指定する事で、そのボックスの幅を特定の範囲内に収める(制限する)事ができます。 ただし負の値は指定できません。

このプロパティを指定できる要素は、非置換インライン要素と一部の表関連の要素を除いた全ての要素となっています。 ですので<IMG><TEXTAREA><INPUT><SELECT><OBJECT>などといった、置換要素にも最小の幅を設定することができます。

書式

  • min-width : ……… 内容領域の最小の幅を指定

★:実数値、パーセント、inherit

実数値
数値にpxなどの単位をつけて最小の幅を指定します。
パーセント
そのボックスを含む、親ボックスの幅に対する割合で指定します。(10%というように、パーセント値+%で指定)

使用した時の例

.sample1 {min-width: 300px;}
<img class="sample1" src="sample.jpg" alt="表示例sample"/>

ブラウザ上の表示例

表示例sample

対応ブラウザなどのデータ

初期値 0 値の継承 継承しない
適用可能な要素 すべての要素(非置換インライン要素,tr,thead,tbody,tfoot)
メディア visual
対応ブラウザ Internet Explorer7~ , Google Chrome4~ , Firefox1~ , Opera10.1~ , Safari3.1~

関連情報