要素内での改ページを避ける(page-break-inside)

印刷プレビューで改ページ部分を確認することができます。

要素内での改ページが禁止されている事を確認するため、下記では適当な文章を並べていきます。


スマホ向けのページについて

パソコン用に制作したホームページは、そのままでもスマートフォンで閲覧できます。 ですが、何も設定をしていないと全体が縮小されて表示されてしまいますので、ユーザーは見たい箇所を拡大するなどの操作をしなければなりません。 そのためユーザーが拡大などの操作をしなくても済むように、スマートフォン向けのレイアウトを用意しているサイトが今では多数あります。 スマートフォンとパソコンにそれぞれ異なるレイアウトを適用するには、プログラムでパソコンか、スマートフォンかを判別してそれぞれ異なるページ を表示する方法と、メディアクエリーという機能を使用して、パソコンとスマートフォンとで読み込ませるcssを切り替えて表示させる方法があります。


メディアクエリー

メディアクエリーとはcss3で追加された仕様の一つで、cssを適用させる対象を「表示領域の幅」などによって振り分ける事ができます。 またこれはcss3で追加された機能ではありますが、2012年の段階で確定したものであり、今では多くのサイトで利用されています。