グーグルクロームなどのブラウザで「パスワード保存」を無効にする方法

出典 : Designed by Freepik

Google ChromeやInternet Explorerなど、ほとんどのブラウザにはパスワードマネージャーが組み込まれています。 例えばクロームでIDとパスワード入力すると「Google Chrome でパスワードを保存しますか?」というポップアップが表示されますが、「はい」をクリックするとそのパスワードとIDが自動で保存されています。

ですが外部のパスワードマネージャーを使用している場合は、ブラウザのパスワードマネージャーを無効にしたい時があります。 そういった場合はブラウザの「パスワードの保存オプション」を無効にするとブラウザでパスワードやIDが自動保存されなくなります。

そこでこのページではGoogle Chrome、Firefox、Internet Explorer、Operaなどのブラウザで「パスワードの保存オプション」を無効にする方法に加え、以前保存したパスワードを削除する方法も紹介します。

Google Chromeの場合

  1. 「設定」を選択

    「設定」の場所

    使用しているブラウザがグーグルクロームの場合は、右上のメニューをクリックします。

    そこから「設定」を選択します。

  2. 「詳細設定」をクリック

    「詳細設定」の場所

    グーグルクロームの設定画面が表示されるので画面を一番下までスクロールします。

    すると画面の一番下に「詳細設定」というテキストがあるのでそれをクリックします。

  3. 「パスワードを管理」を選択

    「パスワードを管理」の場所

    新たな項目が表示されるので「パスワードとフォーム」のセクションにある「パスワードを管理」をクリックします。

  4. 「オフ」にする

    「パスワードを管理」画面

    「パスワードを管理」をクリックするとオン・オフの選択ができるので「オフ」にします。

    これでパスワードやIDを入力するたびにChromeからパスワードを保存するか聞かれなくなります。

    またパスワードなども自動保存されなくなります。

  5. 保存したパスワードを削除する

    「パスワードを管理」画面

    以前保存したパスワードを削除したい場合は「パスワードを管理」の画面にある「保存したパスワード」の項目から設定することができます。

    例えばこの項目にはwebサイト別に以前保存したパスワードとIDが表示されますので、右端にある「…」をクリックし「削除」を選択するとそのパスワードが削除されます。

Firefoxの場合

  1. オプションを選択

    「オプション」の場所

    利用しているブラウザがFirefoxの場合は、右上にあるメニューをクリックします。

    そして「オプション」を選択します。

  2. 「パスワードを保存する」のチェックを外す

    オプション画面

    オプション画面が表示されるので左側の「プライバシーとセキュリティ」をクリックします。

    すると「ウェブサイトのログイン情報とパスワードを保存する」という項目が表示されるのでチェックを外します。

    これでパスワードが保存されなくなります。

    なお「例外サイト」をクリックするとサイト別にパスワードを保存するサイトを設定できます。

  3. 以前保存したパスワードを削除する

    「保存されているログイン情報」画面

    Firefox保存されているパスワードは「保存されているログイン情報」をクリックすると表示されます。

    サイト別に以前保存したパスワードが表示されるので、ここから削除することができます。

Internet Explorerの場合

  1. 「インターネットオプション」を選択

    「インターネットオプション」の場所

    利用しているブラウザがInternet Explorerの場合は、右上にある歯車アイコンをクリックします。

    そして「インターネットオプション」を選択します。

  2. オートコンプリートの「設定」をクリック

    「インターネットオプション」画面

    インターネットオプションが表示されるので「コンテンツ」タブをクリックします。

    すると「オートコンプリート」という項目が表示されるので「設定」をクリックします。

  3. チェックを外す

    オートコンプリートの設定画面

    オートコンプリートの設定画面が表示されるので「フォームのユーザー名およびパスワード」の横のチェックを外します。

    これでInternet Explorerがパスワードの保存を要求しなくなります。

    なおその下にある「パスワードの管理」をクリックすると保存した全てのパスワードが表示されるので、そこから削除などが行えます。

Operaの場合

  1. 「設定」を選択

    設定の場所

    Operaブラウザを使用している場合は、左上のOperaメニューをクリックし「設定」を選択します。

  2. チェックを外す

    設定画面

    設定画面が表示されるので「プライバシーとセキュリティ」をクリックします。

    そしてパスワードの項目にある「ウェブ上で入力したパスワードの保存を確認する」のチェックを外します。

    これでパスワードが保存されなくなります。

    なお「すべてのパスワードを表示する」をクリックすると保存されているパスワードが表示されます。 各パスワードにマウスを重ねると「×」が表示されるので、それをクリックすると削除できます。