無関係なグーグル広告を削除・カスタマイズする方法

出典 : Designed by Freepik

多くのWEBサイトやアプリの収入源となっているのは広告です。 配信される広告は煩わしいものが多いですが、中には素晴らしい情報やサービスを教えてくれる広告もあります。

特にGoogleが運営するグーグル広告(AdSense)は、閲覧者の検索結果や年齢に基づいて関連性の高い広告が表示されるようになっています。 例えば「スノーボード」について検索することが多いユーザーであれば、スノーボードの板やビンディングといったスノーボード関連の広告が多く表示されるようになります。

ですがこれらは完全に正確というわけではなく、中には自分とは関係ない迷惑な広告も表示されることがあります。 しかし表示される広告は自由に設定できカスタマイズすることができます。

グーグル広告では興味があったり関心がある広告を追加したり削除したり設定できますので、このページではその方法を紹介します。

なおWEBサイト上やYoutubeなどの動画サービスで表示される広告自体を種類問わず、全て非表示・ブロックしたい場合は下記ページの方法をお試しください。

web上のあらゆる広告を削除・非表示・ブロックする方法
ホームページやブログなどのWEBサイト、あるいはYoutubeなどの動画共有サイトを見ていると多くの広告が表示されていますが、こういった鬱陶しい広告は全て削除・非表...

グーグル広告の設定方法

  1. 広告の設定ページにアクセスする

    グーグル広告設定画面

    まずはGoogleアカウントにログインします。その後グーグル広告設定のページにアクセスします。

    ※グーグル広告の設定ページでは、以前あなたが検索あるいは訪問したWEBサイトなどに基づいて様々な情報が設定されています。 例えばあなたの性別や年齢、好みのコンテンツが設定されていますが、グーグル広告はこれらの情報を基にあなたが関心を持つ可能性が高い広告を表示しています。

  2. 好みのトピックを追加・削除する

    トピック設定画面

    自分に関連性が高い広告を表示するには好みのトピックを追加あるいは削除する必要があります。

    例えばグーグル広告設定のページには好みのトピックが既に表示されていますが、これらは検索したwebサイトやYoutubeでよく視聴する動画などに基づき追加された推測となります。 ですので自分に関連性がないトピックは「×」をクリックし好みのトピックから削除すると、より関連性が高い広告が表示されるようになり無関係なグーグル広告は削除されます。

    なお好みのトピックから外したものは好みでないトピックに移動します。

  3. パーソナライズド広告の設定

    チェックマークの場所

    パーソナライズド広告とは、閲覧者の年齢や性別、行動などに合わせてユーザー毎に異なる内容を配信する広告の事ですが、パーソナライズド広告を表示しない(オプトアウト)設定もできます。

    オプトアウトした場合、広告自体は表示されますが、webサイトなどの閲覧履歴や検索などに関連しない広告が表示されるようになります。

    設定方法はグーグル広告の設定ページにある「広告のカスタマイズ」の項目の下にあるチェックマークを外します。 これでオプトアウトされるようになりますが、詳しい説明などについては広告ヘルプ-Googleをご覧ください。