【ツイッター】位置情報の設定方法と削除方法

出典 : Designed by Freepik

ツイッターには位置情報を付けてツイートする機能があります。 この機能では、ツイートに位置情報を表示して自分の居場所を公開することができます。

例えばイベント会場や旅先でつぶやくと「中央区,東京都」など、その場所名がツイートに表示されるため、どこからつぶやいたという事をアピールできます。

ですがツイートから自分の居場所がわかってしまうとトラブルに巻き込まれる可能性もあります。 特に自宅や会社など、普段いる場所では位置情報を表示しないようにし上手く利用しましょう。

なおツイッターの位置情報サービスは初期状態でオフとなっています。 そのためこの位置情報サービスを使いたい場合はオンに設定する必要があります。

このページでは位置情報機能をオン・オフに設定する方法、位置情報を付けツイートする方法、過去に投稿した全ツイートから位置情報を削除する方法を掲載していますので参考にして下さい。 また位置情報はツイートだけでなく、撮影した写真などにも付加されている場合があります。 そちらの解除方法などは下記ページに記載してますのでチェックして下さい。

なおツイートの位置情報に関するよくある質問などは、Twitterヘルプセンターにも記載されてます。

ツイッター(Twitter)は危険?安全に使うには
出典 : Designed by Freepik ツイッター(Twitter)は全世界に公開されているため、顏の見えない様々な相手とつながる事ができます。 しか...

位置情報機能をオン/オフにする手順

下記はAndroidでの手順となります。 iOSの場合の手順はその下に記載してます。

なおパソコンの場合でも下記手順と同じ方法で位置情報をオン/オフにできます。

  1. アイコンをタップする

    アイコンの場所

    まずはツイッターにログインします。

    そして左上にあるナビゲーションメニューアイコン、またはプロフィールアイコンをタップします。

  2. 設定をタップ

    「設定とプライバシー」の場所

    メニュー画面が表示されるので「設定とプライバシー」をタップします。

  3. セキュリティをタップ

    「プライバシーとセキュリティ」の場所

    設定画面が表示されるので「プライバシーとセキュリティ」をタップします。

  4. 位置情報をタップ

    「位置情報」の場所

    プライバシーとセキュリティの画面が表示されるので「位置情報」をタップします。

  5. 位置情報を設定する

    「ツイートに位置情報を追加する」の場所

    位置情報の画面が表示されるので「ツイートに位置情報を追加する」にチェックを入れます。 すると位置情報の機能がオンになります。

    オフにする場合は、チェックを外してください。

iOSの場合は下記の手順で位置情報機能をオン/オフにできます。

  1. 端末の「設定」から「プライバシー」をタップする
  2. 「位置情報サービス」をタップします。
  3. 「位置情報サービス」をオンにし、表示される一覧から「Twitterアプリ」をタップします。
  4. 「このAppの使用中のみ許可」をタップすると、位置情報がツイートに付加されるようになります。

ツイートに位置情報を付ける手順

ツイッターの位置情報サービスをオンに設定すると、下記の手順でツイートに位置情報を付加することができます。

  1. ピンマークをタップする

    ピンマークの場所

    まずはツイートの投稿画面を開きます。

    すると画面内にピンマークがあるのでそれをタップします。

    なお「ツイートの位置情報を有効にする」というメッセージが表示されたら「有効にする」をタップして下さい。

  2. 位置情報の一覧が表示される

    位置情報の一覧画面

    位置情報の一覧が表示されます。 ツイートに付加したい位置情報を選んでタップして下さい。

    なお「位置情報の検索」にキーワードを入力して場所を探す事もできます。

  3. 位置情報が付加される

    位置情報が付加された時の例

    位置情報がそのつぶやきの入力欄の下に表示されます。

    「ツイート」をタップし投稿すると位置情報を付けてツイートされます。

つぶやきの位置情報を削除する手順

つぶやきの入力欄の下に位置情報が表示されている場合、その投稿に位置情報が付加されます。 ですが位置情報を付けずに投稿する事もできます。

下記は位置情報サービスがオンの場合に、位置情報を付けずに投稿する手順です。

  1. ピンマークをタップ

    ピンマークの場所

    投稿画面でピンマーク、またはつぶやきの入力欄の下の現在地をタップします。

  2. ×をタップ

    ×マークの場所と位置情報削除後の例

    位置情報の一覧が表示されるので「×」マークをタップします。 iPhoneの場合は「削除」をタップします。

    するとその投稿から地名・場所のラベルが削除され、位置情報を付加せずツイートする事ができます。

過去の全ツイートから位置情報を削除する手順

過去の全ツイートから位置情報を削除する場合は、最初に位置情報機能をオン/オフに設定した画面で「位置情報をすべて削除」を選択する事で行えます。

  1. 「位置情報」画面を開く

    「位置情報」画面

    最初に位置情報機能をオン/オフに設定した「位置情報」画面を開き、「位置情報をすべて削除」をタップします。(「位置情報」画面は下記手順で開ける)

    1. ナビゲーションメニューアイコン、プロフィールアイコンをタップ
    2. 「設定とプライバシー」をタップ
    3. 「プライバシーとセキュリティ」をタップ
    4. 「位置情報」をタップ
  2. 「はい」をタップ

    確認メッセージ

    「過去のツイートからすべての位置情報を削除します…」という確認メッセージが表示されるので「はい」をタップします。

    これで全てのツイートから位置情報が削除されます。