ツイッター(Twitter)は危険?安全に使うには

出典 : Designed by Freepik

ツイッター(Twitter)は全世界に公開されているため、顏の見えない様々な相手とつながる事ができます。 しかし使い方を間違うと個人情報が漏えいしたり、個人を特定されたりする危険性があります。

位置情報に注意

ツイッターで投稿する際は、どの場所から投稿したのかが分かる「位置情報」を付けることができます。 しかし普段からこの設定をしていると自宅の位置が特定される危険性があります。

例えば「ただいま」などのツイートの位置情報を見ると、そのツイートの投稿場所が分かります。 つまり自宅の位置が簡単に特定できるわけです。

また位置情報は写真にもついています。 例えばデジカメやスマートフォンで撮影した写真には、撮影場所の位置情報が記録されています。

設定で変更する事はできますが、気付かずにそのまま写真付きでツイートしてしまうと場所が特定されてしまいます。 特に自宅で撮影した写真を投稿した場合には、自宅の位置がバレてしまいますので注意しましょう。

位置情報サービスがオンの場合に、ツイートに位置情報をタグ付けすると、写真のExifデータに基づいておすすめの位置情報が表示されます。Twitter側で写真のExifデータを保存することはありません。このため、Twitterで写真を閲覧してもExifデータにはアクセスできません。

Twitterヘルプセンター

なお上記のようにツイッター側では写真の位置情報(デジタルカメラのメーカー名、画像サイズ、撮影日時、シャッタースピードなど)が含まれるExifデータは保存されません。 ですのでスマホで撮影した写真の位置情報を記録したくない場合は下記設定を行ってください。

スマホで撮影した写真の位置情報を記録しないようにする設定はAndroidの場合、カメラアプリの設定画面で「位置情報付加」をオフにします。

iPhoneの場合、設定アプリを開きプライバシーをタップします。 そして位置情報サービスでカメラをタップし「許可しない」を選択する事で位置情報が付加されなくなります。

ツイートの位置情報の設定などに関しては下記ページを参照して下さい。

【ツイッター】位置情報の設定方法と削除方法
出典 : Designed by Freepik ツイッターには位置情報を付けてツイートする機能があります。 この機能では、ツイートに位置情報を表示して自分の居場所...

基本的には安全

ツイッターはメールアドレスとパスワードを登録するだけで利用できるため、必要以上に個人情報を登録しなければ安全に利用できます。 ですが自己紹介文やツイートに電話番号、メールアドレス、住所といった個人を特定できる情報を掲載すると危険ですので注意しましょう。

また多くの知らない人とつながる事ができるのがツイッターの楽しみの一つですが、中には危なそうな人もいます。 ですが怪しい人からつきまとわれても自分のつぶやきを見れなくする「ブロック」機能などもあるので安心して利用できます。