【Twitter(ツイッター)】パソコン版とスマホ版の違い

出典 : Designed by Freepik

ツイッター(Twitter)は、スマートフォンだけでなくパソコンやタブレットからでも同じように利用できます。 その場で気軽に投稿を行える事から多くのユーザーがスマホからツイッターを利用していますが、パソコンやタブレットからツイッターを利用すれば広い画面で多くのつぶやきを見る事ができ便利です。

またツイッターはスマホやPCで専用アプリ、もしくはインターネットブラウザを使い利用する方法が一般的ですが、ガラケー(フィーチャーフォン)からでも利用することができます。

パソコン版とスマホ版の違い

ツイッターのパソコン版とスマホ版には大きな違いはありません。 ですがスマホ版の場合は画面の配置やメニューがコンパクトにまとめられており、パソコン版のツイッターでできる一部の機能が使えなくなっています。

例えばアカウント削除などはパソコン版ツイッターからでないと行えません。 しかし次のような操作をする事でスマホからでもパソコン版ツイッターにアクセスできます。

※ツイッターを利用する端末が複数ある場合でも、同じ1つのアカウントで利用することができます。 ですのでスマホでツイッターに登録したから、必ずスマホからでないとツイッターを利用できないというわけではありません。

androidの場合

  1. ブラウザからツイッターを開く

    「ブラウザで開く」の場所

    ツイッターのサイトにアクセスし端末左下の設定ボタンをタップします。

    メニューが表示されるので「ブラウザで開く」をタップし、ブラウザからツイッターを開きます。

  2. 「PC版を表示」をタップ

    「PC版を表示」の場所

    再度左下の設定ボタンをタップします。

    先ほどとは違うメニューが表示されるので「PC版を表示」をタップします。

  3. URLを入力

    URLの入力例と入力場所

    画面上部のURLをタップし、そこに「https://twitter.com」と入力します。

    これでスマホからでもパソコン版のツイッターにアクセスできます。

iosの場合

iosの場合であれば「https://mobile.twitter.com(ツイッターモバイルサイト)」にアクセスし、下部のメニューから「共有」アイコンをタップします。 その後「デスクトップ用サイトを表示」をタップする事でパソコン版ツイッターにアクセス可能です。

アプリとブラウザ版ツイッターの違い

アプリのツイッターもwebブラウザのツイッターも利用できる機能に違いはほとんどありません。 ですがアプリの場合は検索や投稿などが使いやすくなっています。

ただしブラウザ版ツイッターでできる詳細設定など、一部の機能が利用できなくなっています。