オススメのSDカードと選び方

出典 : Designed by Freepik

SDカードはスマートフォンやデジタルカメラなど多くの機器で使われるストレージです。 そのためコンビニなどでも買えるほど入手しやすく、USBメモリーと同じように手ごろな価格の製品も多くあります。

またSDカードは他のストレージよりも薄く小型で、パソコンに挿しっぱなしなら内蔵ドライブのような感覚で使えるという特徴もあります。

このページではそんな「SDカード」の選び方やオススメの製品を紹介します。

SDカードの種類

SDカードの形状はSDとマイクロSDの種類あります。

一般的にパソコンはSD、スマホなどはマイクロSDが対応してます。 ですがマイクロSDカードでも、変換アダプターを用意する事でパソコンなどでも使えるようになります。

またSDカードは容量によって名称が変わり3種類の規格に分かれてます。 ですがパソコンでSDカードを使用する場合、機種によっては大容量の製品を使用できない事がありますので注意して下さい。

ただし対応するSDカードリーダーを用意すれば利用できるようになります。

名称 容量
SD/マイクロSD 2GBまで
SDHC/マイクロSDHC 4~32GB
SDXC/マイクロSDXC 64GB

スマホ用でもPCで使える

SDカードの形状は2種類ありますが、スマートフォンなどで使われるマイクロSDカードでも変換アダプターを使用する事でSDカードとして使えます。

ただし対応スロットのないPCで使用する場合は、対応しているカードリーダーが必要となるので注意して下さい。

容量により名前が変わる

SDカードは容量によって名前が変わります。 例えば容量が2ギガまでならSDカード、4~32ギガまでならSDHCカード、64ギガ~ならSDXCカードと呼ばれています。 (マイクロSDカードも同様)

ただし各容量ごとに名称が異なるだけで、形状は変わっていません。

ですがSDXC、マイクロSDXCの場合、対応している容量が機器によって制限されている事があります。 例えばSDXC対応のパソコンでも「最大128ギガまで対応」と制限されている事があるので注意しましょう。

SDカードの性能の違い

SDカードの性能の見方

SDカードは「スピードクラス」と呼ばれる規格で最低限の転送速度が保証されてます。 そのためこれを見る事でSDカードの性能がわかります。

またスピードクラスは3種類あり、製品ごとに対応する規格が記載されてます。 例えば「スピードクラス」「UHSスピードクラス」「ビデオスピードクラス」といった規格があり、製品パッケージやカードに表示されています。

またこれらはそれぞれ別の規格になっており、製品に複数記載されている事もあります。

なお下記の表は各スピードクラスの最低保証速度となりますが、ビデオスピードクラスが8k映像、UHSスピードクラスが4k映像、スピードクラスがフルHD・スンダードビデオに対応するような規格となってます。

また最低保証速度が大きいものほど、転送速度が速いSDカードという事になりますので、SDカードを選ぶ際の目安にして下さい。

最低保証速度一覧
スピードクラス 最低保証速度
ビデオスピードクラス UHSスピードクラス スピードクラス
v90 90MB/s以上
v60 60MB/s以上
v30 3 30MB/s以上
v10 1 10 10MB/s以上
v6 6 6MB/s以上
4 4MB/s以上
2 2MB/s以上
バスマークの記載場所

最大転送速度について

SDカードの最大転送速度は、カードに記載されているバスマークで調べる事ができます。

これはデータ転送用の規格バスインターフェーススピードを記したもので、バスインターフェースが「UHS-I」以上に対応する製品であればパッケージやカードなどに記載されてます。

このためバスマークが表示されていれば高速規格に対応したSDカードという事になります。

なお格安品のSDカードの場合、バスマークが記載されていない事があります。 その場合はバススピードが25MB/s以下となるので注意して下さい。

バスインターフェーススピードについて

バスインターフェーススピードは規格上の最大速度の事で下記のように5種類あります。

UHS-I以上であればSDHC、またはSDXCなどの製品で使われてます。

バスインターフェース バスマーク バススピード
UHS-III 624MB/s(Full-duplex)
UHS-II 312MB/s(Half-Duplex)
UHS-I 104MB/s
ハイスピード 25MB/s
ノーマルスピード 12.5MB/s

UHS-II以上の製品について

UHS-II以上に対応したSDカードの場合は、カードに端子が追加されています。 これにより高速転送が実現されていますが、その性能を生かすには各規格に対応する専用のカードリーダーが必要になります。
なお従来(非対応)のカードリーダーでも読み書きはできますが、UHS-Iと同じパフォーマンスになってしまうので注意して下さい。

価格について

SDカードとマイクロSDカードの価格はほぼ変わらず、16GBの格安品なら1,000円ほどで購入できます。 ですが64GBの製品であれば1GBあたりの単価が最安となっているのでお買い得です。

なおSDカードは同じ容量でも価格幅が広くなっていますが、これは高速に動作するかしないか、などの差となります。

オススメのSDカード

  • エクストリーム SDHC UHS-I 32GB

    エクストリーム SDHC UHS-I
    • メーカー:サンディスク
    • 転送速度:読取り最大90MB/s/書込み最大40MB/s
    • 価格:3,480円

    最高画質で撮影しても書込み時間が気にならないSDカード。

    またUHSスピードクラス3レートで中断のない4k UHD、フルHDビデオの録画が可能なため、スポーツイベントやアウトドアなどフレーム飛びが発生しやすい録画に最適!

    Amazonで見る

  • エクストリーム プロ SDHC UHS-II 32GB

    エクストリーム プロ SDHC UHS-II
    • メーカー:サンディスク
    • 転送速度:読取り最大300MB/s/書込み最大260MB/s
    • 価格:11,800円

    すべてのフレームを高速でキャプチャできる、プロカメラマンのニーズに応えたSDカード。

    特に高速連写、高性能ビデオ録画に最適で、高解像度のビデオカメラに適してます。

    また、もたつくことなくシャッターを切る事が可能です。

    Amazonで見る

  • Transcend SDHCカード 32GB Class10 UHS-I

    Transcend SDHCカード 32GB Class10 UHS-I
    • メーカー:トランセンドジャパン
    • 転送速度:読取り最大90MB/s/書込み最大40MB/s
    • 価格:2,700円

    コスパに優れたSDカード。

    高解像度の写真やフルHD動画の保存には十分な容量がある。 ただし1ファイル4GBまでとなっているので動画撮影には向かないが、写真撮影やカーナビなどでの使用にはオススメ。

    Amazonで見る