インスタグラムで長方形のサイズ比率のまま写真を投稿する方法

出典 : Designed by Freepik

これまではインスタグラム(Instagram)に写真や動画を投稿すると、強制的に正方形にトリミングされていました。

ですがインスタグラムのアプリを「ver.7.5以降(最新バージョン)」にアップデートすると写真を元の縦横比を保ったまま投稿することができます。 つまり正方形の写真に限らず、長方形の写真でも切り取られることなく、そのサイズ比率のまま投稿することが可能です。

なおこれからインスタグラムを始める場合は、特にアプリを更新しなくてもこの機能を使う事ができます。

インスタグラム(Instagram)の使い方
出典 : Designed by Freepik 写真で交流するSNS「インスタグラム(Instagram...
インスタグラム(Instagram)とは何?楽しいの?
出典 : Designed by Freepik インスタグラム(Instagram)とは、スマホで日常の...

長方形の写真を投稿する手順

  1. ギャラリーを開く

    「+」マークの場所

    まずはインスタグラムのアプリを起動します。

    そして通常の投稿する時と同じように「+」マークをタップし、ギャラリーを開きます。

  2. 画像を選択

    ギャラリー画面

    ギャラリーを表示したら投稿したい写真を選択します。

  3. 縦横比変更のボタンを押す

    縦横比変更のボタンの場所

    写真を選択すると逆「」のようなボタンが左下に表示されます。

    このボタンをタップすると写真のサイズ比率が正方形から長方形へと交互に変更されるため、元の画像の縦横比のまま投稿できるようになります。

    また写真のサイズ比率を変更後は通常通りにフィルター加工や画像編集が行えます。

    なお「写真」や「動画」をタップし、その場でインスタアプリのカメラから撮影し投稿する場合は、正方形のサイズ比率しか選択できないので注意して下さい。 ちなみに複数枚投稿する場合も正方形しかサポートされていません。

画像サイズについて

インスタグラムは2015年8月のアップデートから、投稿時の写真サイズが変更されました。 正方形の場合であれば「612×612(横×縦)」から「1080×1080」と変わっています。

また長方形の写真を投稿する場合は、縦長であれば「1080×1350(1.91:1)」、横長であれば「1080×566(4:5)」が最適な画像サイズとなります。

インスタが正方形写真にこだわる理由

インスタグラムの旧アイコン

出典 : Designed by Freepik

インスタグラムは2015年8月にアップデートされるまでは、正方形の写真サイズしかサポートされていませんでした。 現在では長方形などの写真でも投稿することができますが、インスタグラムのアプリのカメラで撮影した写真サイズは未だに正方形となってます。

インスタグラムがここまで正方形の写真にこだわるのは、Instagramがインスタントカメラをモチーフに設計されたという背景があります。

例えばインスタントカメラはその場で写真を撮影し見る事ができますが、当時有名だった企業、コダック社とポラロイド社のフィルムは正方形だったという特徴があります。 インスタグラムはこういった理由に敬意を払いフレーム規格を正方形のサイズにしたと言われています。

またフレーム規格以外にも特徴的な色合いを表現したフィルターやインスタグラムの旧アイコンなど、様々な個所にインスタントカメラへのリスペクトが見られます。