オススメのポータブルSSDと選び方

出典 : Designed by Freepik

ファイルの読み書きが速いストレージを探している場合は、ポータブルSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)がオススメです。

ポータブルSSDはデータの持ち歩きができるのはもちろんですが、外付けストレージの中では特に高速で、ポータブルHDDと比べても小型・軽量で衝撃にも強くなってます。

そこでこのページではそんなポータブルSSDの特徴や選び方、オススメの製品を紹介します。

ポータブルSSDの特徴

出典 : portalgda

ポータブルSSDは高性能なメモリーチップを搭載している、データの転送速度が圧倒的に速いSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)です。

ポータブルHDD(ハードディスクドライブ)より小型で軽量、さらに耐衝撃性能も優れています。 そしてパソコンとの接続は電源アダプターが不要となっているため、USB給電で使用できるという特徴があります。

またHDDの場合は内部のディスクを回転させたり、データを読み書きする磁気ヘッドを高速で動かすといった動作をするため、容量が小さいファイルを読み書きする場合は速度がかなり落ちます。 ですがSSDの場合はメモリーにアクセスするだけで済むため、容量が小さいファイルの読み書きでも高速で行う事ができます。

さらにポータブルSSDはHDDと内部構造が違い、物理的に動く部品が少なくなります。 そのため故障や衝撃に強く、HDDよりも安心して持ち運びができます。

なおSSDはUSBメモリーやSDカードと同じような仕組みになってますが、高速メモリーチップや処理能力が高いコントローラーが搭載されてます。 また複数のメモリーチップを並列に読み書きする仕組みなども備わっているため、USBやSDカードよりも高速に動作するといった特徴もあります。

ちなみにポータブルHDDは2.5型のHDDを内蔵しているため、サイズを小型化するのに限界があります。 しかしポータブルSSDは内部の基盤を小さくできるため、ポータブルHDDよりもさらに小型化が進んでます。

ポータブルSSD使用時の例

ポータブルHDDと同じように使える

ポータブルSSDはポータブルHDDと同じように使えますが、ポータブルHDDの方がサイズが一回り小さくなります。

またインターフェースにはUSB3.0が採用されており、電源アダプターは不要となってます。

速度の比較表

小さいファイルの読み書きが速い

ポータブルSSDはUSBメモリー、SDカード、据え置き型の外付けHDD、ポータブルHDDと比較すると、ファイルの読み書きが圧倒的に速いです。

大容量ファイルの読み書き速度の基準となる順次読み出し、順次書き込みはポータブルHDDより約3倍速くなってます。

また小さいファイルの読み書き速度の目安となるランダム読み出し、ランダム書き込みは他のストレージより約10倍ほど速くなります。

サイズの例

ポータブルHDDよりも小さい

ポータブルSSDは小型化が進んでいるため、USBメモリーより若干大きいほどのサイズとなってます。

またポータブルHDDと比べるとひと回り小さい製品が多く、重さも軽いため、持ち運びには特に向いてます。

HDDの内部

衝撃に強い

ポータブルSSDは駆動部品がポータブルHDDより少ないため、比較的衝撃に強いです。

特にポータブルHDDの場合は上記画像のように磁気ヘッドやディスクが内部で高速で動作するため、ちょっとした衝撃でも故障する可能性があります。 ですがSSDの場合はそういった心配がないので、持ち運びが多い場合は特にオススメです。

ポータブルSSDの選び方

ポータブルSSDは端子にUSB3.1 Gen2やサンダーボルト3を採用する製品が増えてます。 特にUSB3.1 Gen2対応品であれば外付けストレージの中では最高速で、規格上、従来のUSB3.0の2倍ほどの転送速度となります。

またSSDはHDDとは違い駆動部品がないため衝撃に強いですが、心配な場合はゴムなどの衝撃材を使い、防水や防塵、衝撃に強いタイプのポータブルSSDがオススメです。

ちなみに価格面ではポータブルSSDはかなり高価になります。 そのため価格と容量を考えると120ギガから1テラのポータブルHDDが購入の選択肢になりやすいです。

ですがその範囲の製品だと品薄になりがちで、1万円以下で買える120ギガのポータブルSSDだと販売終了している製品も多くなります。

また500ギガ以上の製品であれば、ポータブルSSDの中では1ギガ当たりの単価が最も安くなりますが、少なくとも3万程度はします。 ですので購入するなら250ギガクラスのポータブルSSDが1万円台で買えてオススメです。

USB端子について

ポータブルSSDはUSB3.1に対応している製品もありますが、USB3.1にはGen1とGen2があります。

Gen1の場合はUSB3.0とほぼ同じの最大転送速度5Gbpsとなりますが、Gen2の場合は最大10Gbpsで通信できるので、より高速でデータ転送できます。

またどちらも端子の形状にはtype-AポートとType-Cポートがあり、見た目では判断できないので注意して下さい。

オススメのポータブルSSD

  • SDPXシリーズ

    SDPXシリーズ
    • 容量:240GB
    • メーカー:アイ・オー・データ
    • 価格:16,102円~

    「USB 3.1 Gen2」の転送速度10Gbpsに対応したmacでもwindowsでも使えるポータブルSSD。

    ファイルのバックアップやコピーする時間を大幅に短縮できる高速性があり、ボディには超薄型アルミパネルが採用されているためスマホより軽い。

    Amazonで見る

  • ESD-EA0120GBK

    ESD-EA0120GBK
    • 容量:120GB
    • メーカー:ELECOM(エレコム)
    • 価格:8,599円

    9千円を切る格安のポータブルSSD。

    読み出し最大350MB/s、書き込み最大60MB/sとなっているが、サイズが名刺ほどしかないので持ち運びしやすい。

    格安のポータブルSSDが欲しい時にはオススメ。

    Amazonで見る

  • Extreme510 ポータブルSSD

    Extreme510 ポータブルSSD
    • 容量:480GB
    • メーカー:サンディスク
    • 価格:33,114円

    ゴム製緩衝材を使う事でIP55保護規格の防水・防塵性に対応している屋外に強いポータブルSSD。

    またゴム製緩衝材のおかげで1.8mの高さから落下しても振動を和らげるという特徴もある。

    ちなみに最大読み出し速度430MB/sのため、高解像度ファイルの移転でも通常のHDDより転送時間を大幅に削減できる。

    Amazonで見る