インスタグラムのフィルター加工・編集で写真を綺麗にする方法

出典 : Designed by Freepik

写真や動画で交流できるSNS「インスタグラム(Instagram)」のフィルター機能を使うとイマイチな写真でも簡単に綺麗でオシャレな写真にする事ができます。

また明るさやコントラスト、彩度などを調整できる編集機能もあり、投稿前に少し工夫するだけ綺麗な写真に仕上がります。

そこでこのページでは、インスタグラムのフィルター加工・編集機能の使い方や、オシャレで綺麗に仕上げるコツを紹介します。 なおインスタグラムとはどういったSNSなのか、また使い方などについては下記ページをご覧ください。

インスタグラム(Instagram)とは何?楽しいの?
出典 : Designed by Freepik インスタグラム(Instagram)とは、スマホで日常の...
インスタグラム(Instagram)の使い方
出典 : Designed by Freepik 写真で交流するSNS「インスタグラム(Instagram...

写真をフィルター加工・編集する手順

インスタグラムで写真をフィルター加工・編集する手順は下記のようになりますが、加工・編集するためにはインスタグラムのスマホ専用アプリ(無料)が必要です。 パソコンのブラウザからインスタグラムを開いても写真・動画の編集・加工ができないので注意して下さい。

なお専用アプリは「Instagram-公式サイト」、または下記からダウンロードできます。

Instagram
Instagram
開発元:Instagram, Inc.
無料
posted with アプリーチ
  1. 写真や動画を選択する

    「+」の場所 ギャラリー画面の説明

    まずはインスタグラムのスマホアプリを開きます。

    「+」ボタンをタップし、ギャラリーから投稿・加工・編集したい動画や写真を選びます。

    選択したら「次へ」をタップします。

    なお画面下部にある「写真」や「動画」をタップすると、その場で撮影する事もできます。

    ※投稿できる動画は最大1分までとなります。 それ以上長い動画は投稿時に1分以内になるようにカットする必要があるので注意して下さい。

  2. フィルター加工する

    フィルター加工画面の説明

    フィルターが選択できる画面に移動しますので、好みのフィルターをタップします。 そうすると選択したフィルターが写真や動画に適用されます。

    なお選択したフィルターをもう一度タップするとフィルターの強度が手動で調整できます。

    また画面上部にある太陽マークをタップすると「LUX」が開きます。 そこでは写真の明るさやコントラストの微調整ができます。

  3. 写真を編集する

    編集画面の説明

    写真の場合、「フィルタ」の横の「編集する」をタップすると色々な画像補正機能が利用できます。

    また画像補正機能の部分を左にスワイプすると、さらに多くのツールが表示されるので、任意で写真を編集して下さい。

    編集が完了したら「次へ」をタップすると投稿画面に移動します。

    なお利用できる主な画像編集機能は次のようになります。

    • 調整 :写真のズームや拡大、傾きを調整できる(トリミング機能)
    • 明るさ :写真を明るくしたり暗くしたりといった、輝度の調整ができる
    • コントラスト :写真の明暗差の調整(メリハリの程度の調整)ができる
    • ストラクチャ :暗い部分のコントラストを強める事ができる
    • 温かさ :写真に暖色や寒色を追加し、色合いを調整できる
    • 彩度 :写真の鮮やかさの度合いを調整できる
    • :写真に色を乗せる事ができる。(影で暗い部分、ハイライトで明るい部分に乗せる)
    • フェード :古びた写真のような加工効果を加える
    • ハイライト :写真の明るい部分の輝度調整
    • :写真の暗い部分の輝度調整
    • ビネット :画像の輪郭のぼかし具合(減光効果)を調整
    • チルトシフト :選択した形状の周辺をぼかし、ミニチュア写真風にできる機能
    • シャープ :シャープネス調整し、くっきりとした写真にできる

綺麗でオシャレな写真に加工するコツ

インスタグラムでは写真を細かく加工・編集することができ、フィルターも豊富に揃ってます。 ですが写真編集に慣れていないと上手く調整できません。

またフィルターも数が多すぎて最初のうちはどれを選べば綺麗になるのかわからないと思います。

そこでここでは写真を綺麗でオシャレに加工できる、オススメのフィルターをシーン別に紹介します。 フィルター加工する際の参考にしてみて下さい。

なお写真編集機能を使わなくてもフィルター加工のみで、明るさや色合いを綺麗にすることができます。

  • 料理写真の場合

    「Lo-Fi」適用前と適用後の写真

    料理の写真を鮮やかで美味しそうに見せたい場合は「Lo-Fi」を適用しましょう。

    また「Hefe」を適用しても、写真の赤みを強め、コントラストを付ける事ができるので、美味しそうな写真になります。

  • 人物写真の場合

    「Rise」適用前と適用後の写真

    人物写真の場合は「Reyes」を適用すると、全体的に明るく柔らかい印象の写真に仕上がります。

    また「Rise」や「Walden」を使用しても優しい綺麗な感じになります。

  • 街並みの写真の場合

    「Walden」適用前と適用後の写真

    街並みの風景を写した写真の場合は「Walden」がオススメです。

    例えば現代的な街並みの写真でもこのフィルターで加工すると、ビンテージ感溢れる味わい深い写真に仕上がります。

  • 植物の写真の場合

    「Mayfair」適用前と適用後の写真

    花などの植物を撮影した写真であれば「Mayfair」がオススメです。

    特に被写体の中央が明るくその周辺が暗めになるため、鮮やかな色合いで暖かい感じの写真に仕上がります。

  • 風景写真(空や海)の場合

    「Lark」適用前と適用後の写真

    空や海の風景写真の場合は「Lark」が最適です。

    特にこのフィルターの場合は青色が強調されるため、空や海の風景写真を鮮やかな色合いにする事ができます。

  • 風景写真(夕焼け)の場合

    「Kelvin」適用前と適用後の写真

    夕焼けの風景写真には「Kelvin」を適用すると、夕焼けの色がより強調されるため鮮やかになります。

フィルターの管理について

フィルターを表示・非表示する手順

一部のフィルターは初期の状態では表示されてません。 フィルタ選択画面で左にスワイプすると「管理」という項目があるので、そこでフィルターの表示設定を行ってください。

なおチェックを入れるとフィルターが選択画面で表示されるようになり、チェックを外すと非表示となります。