オススメのポータブルHDD(ハードディスクドライブ)と選び方

出典 : Designed by Freepik

ポータブルHDD(ハードディスクドライブ)には、耐衝撃性能に優れた製品やスマホ並みに薄い製品、さらにはセキュリティ機能付きの製品まであります。

ここではポータブルHDDのそれぞれの特徴やオススメできる製品、選び方などを紹介します。

ポータブルHDDとは

ポータブルHDD(ハードディスクドライブ)は、小型と大容量を兼ね揃えたストレージです。

通常の外付けHDD(据え置き型)の場合はデスクトップパソコンと同じ3.5型HDDを内蔵してますが、ポータブルHDDの場合はノートパソコン向けに電源消費量を抑えた2.5型HDDを内蔵してます。 そのため通常の外付けHDDとは違い電源アダプターが不要で、パソコンのUSB端子から給電する事で動作します。

またパソコンの周辺機器を使用する場合、コンセントを確保できない事があります。 そのため通常の外付けHDDの代わりにポータブルHDDを利用する人も現在では増えています。

なおポータブルHDDはUSBメモリーに比べて圧倒的に大容量となってます。 ですので空き容量を気にせず動画や音楽、画像など、大量のデータを持ち運ぶのには特に最適です。

ただし通常の外付けHDDより価格は割高になります。 ですが1ギガ当たりの単価は、通所の外付けHDD以外のストレージより安くなります。

ポータブルHDDの選び方

ポータブルHDDの主流は、容量が500ギガから2テラの製品となっており、1万円以下で購入できる1テラが特に売れ筋となってます。 ですがポータブルHDDは各社から壊れにくい構造を独自採用した商品も販売されてます。

また価格と容量以外にも、持ち運びリスクに備え、セキュリティ機能や耐衝撃性能などを選ぶポイントにする事をオススメします。 特にHDDは衝撃に弱く、利用中の落下は厳禁となりますので、ポータブルHDDを購入する際は耐衝撃性能を高めた製品を選ぶのが無難です。

ポータブルHDDを紛失・盗難された際にデータの流出を防ぎたい場合は、セキュリティ機能付きの製品を選ぶようにしましょう。 そういった製品であればパスワードや暗証番号を入力しないと保存データの読み書きができないため情報漏洩を防ぐことができます。

ちなみに2017年現在では、ポータブルHDDの最大容量は4テラクラスとなってます。 ですが容量が同じ製品でも、耐衝撃やセキュリティなどの機能を持つ商品があるため、価格の幅は広くなります。

なお価格面では、2テラのポータブルHDDが1ギガ当たりの単価が一番安いためお買い得です。 また4テラクラスの場合は、1テラ以下のポータブルHDDより重く、6~7ミリほど分厚くなってますので注意して下さい。

ポータブルHDDの特徴
容量 価格帯 説明
500ギガ 5,000円~28,000円 1ギガ当たりの単価が高いが、商品価格は安い
1テラ 7,000円~35,000円 1万円を切る商品が狙い目
2テラ 12,000円~43,000円 1ギガ当たりの単価が6円と最安
4テラ 23,000円~50,000円 価格が高く本体も大きめ

オススメのポータブルHDD

  • カクうす7

    カクうす7
    • 容量:500GB
    • メーカー:アイ・オー・データ
    • 価格:8,000円

    厚さが世界最薄の7ミリ(世界最薄は2013年度現在)で「幅75x奥行き124ミリ」とスマートフォンより小さいポータブルHDD。

    重量も130グラムしかなく、超薄型アルミパネルが採用されているため高い剛性も確保されている。

    ただし耐衝撃性能が高められているわけではないので注意。

    Amazonで見る

  • HDPD-UTD1

    HDPD-UTD1
    • 容量:1TB
    • メーカー:アイ・オー・データ
    • 価格:9,506円

    テーブルの高さと同程度の122cmの落下試験に合格した耐衝撃ポータブルHDD。

    落下によるデータ消失を防ぐためのプロテクター(衝撃吸収ダンパー)を搭載しているので、安心して持ち運びできる。

    なおHDDを保護するために、ケースの内側と外側には衝撃を吸収する素材が備えられてます。

    Amazonで見る

  • HDS-PZN1.0U3TV3

    HDS-PZN1.0U3TV3
    • 容量:1TB
    • メーカー:バッファロー
    • 価格:31,974円

    ICカードやスマホなどを解除キーとして利用できるセキュリティ機能付きのポータブルHDD。

    登録できるICカードは最大5枚までで、重要な機密データも安全に受け渡しが可能。

    またHDD起動時にファームウェアが改ざんされてないかチェックする機能も搭載され、企業オリジナルのセキュリティ設定も簡単にできる。

    さらにシリコンゴムなどを採用する事で耐衝撃・防雨・防塵も高められており、ポータブルHDDを通したウイルス感染被害を防ぐ機能も搭載されている。

    Amazonで見る

  • HD-PNF2.0U3-GBE

    HD-PNF2.0U3-GBE
    • 容量:2TB
    • メーカー:バッファロー
    • 価格:13,978 円

    厚さ21.5mmと持ち運びにコンパクトなサイズの2TBのポータブルHDD。

    思わぬアクシデントからHDDを守る耐衝撃ゴムと耐衝撃フレームが搭載されている。

    またポータブルHDDをテレビ・レコーダーに接続して番組録画・再生、ゲーム機などにつないでデータのバックアップなどにも利用できる。

    さらにオーディオやカーナビに接続して音楽データを取り込んだり、取り出したりすることも可能。

    Amazonで見る

備考

ポータブルHDDは省スペースで電源アダプターを必要としないですが、通常の外付けHDDより読み書き速度が遅くなります。 また内蔵するHDDは2.5型となってますが、内部のモーター性能の差などにより大きなファイルの読み書きは特に遅くなってしまうので注意して下さい。

なお通常の外付けHDDでもポータブルHDDでもランダム読み書き速度はかなり低速となります。 特に容量の小さいファイルの読み書きはあまり速くありません。

ちなみに通常の外付けHDD(据え置き型)の特徴や選び方については下記ページで解説してますのでご覧ください。

オススメの外付けHDD(ハードディスクドライブ)と選び方
出典 : Designed by Freepik 低価格の大容量ストレージを探しているのなら外付けHDD(ハー...