オススメの外付けHDD(ハードディスクドライブ)と選び方

出典 : Designed by Freepik

低価格の大容量ストレージを探しているのなら外付けHDD(ハードディスクドライブ)がオススメです。 特に1万円以内で購入できる2TB(テラバイト)の製品であれば、1ギガあたりの単価が4円からとなっており、パソコン用のストレージとしては最安となります。

そこでこのページでは、オススメできる外付けHDDや選び方などを紹介します。

外付けHDDとは

外付けHDD(ハードディスク)とは、パソコンのデータを記憶する装置であるHDDをパソコンに外部接続し外付けタイプにしたHDDのことをいいます。 そのため自由に取り外しや接続することが可能です。

またデータを保存するための製品には他にもUSBメモリーなどがありますが、写真や動画、データのバックアップなど大容量のデータを大量に保存する場合は外付けHDDが最適です。

ただし外付けHDDの場合は必ず電源が必要となるため、持ち運びやデータの受け渡しには向いてません。 ですが置きっぱなしで使用しているパソコンに使うなら、特に不便なく使う事ができます。

なお現在販売されているタイプの外付けHDDは、ほとんどがUSB3.0に対応しており3.5型のHDDを内蔵してます。 そのためUSB端子からの給電はできません。

ですので製品に付属の電源アダプターなどをつなげる必要があるので注意して下さい。

外付けHDDの選び方

外付けHDDは製品間の違いがほとんどないため、基本的には価格と容量だけで選んでも問題ありません。 ですが外付けHDDの売れ筋は2TBクラスとなっており、1万円を切る割安な価格で購入できるため狙い目です。

また商品の価格が安く主流となっているのは1TBクラスですが、1ギガ当たりの単価が割高となるためあまりオススメできません。

ちなみに1ギガ当たりの単価が最も安くお買い得なのは4TBクラスとなりますが、大容量となるため安くても価格が1万5千円ほどとなってしまいます。 さらにその上には6TBの外付けHDDもありますが、これを買うなら2TBと4TBをセットで購入した方が安く済みますので値下がりを待った方がお得です。

ですので将来大容量のデータを保存するかもしれないのなら4TB、価格と容量のバランスを重視して買いたいのなら2TBの外付けHDDを選ぶのがオススメです。

外付けHDDの特徴
容量 価格帯 説明
1テラ 7,500円~16,000円 1ギガ当たりの単価が割高となるが、商品価格は安い
2テラ 8,400円~20,000円 1万円以下の製品であれば1ギガ当たり4円~とお買い得
3テラ 12,000円~24,000円
4テラ 15,000円~44,000円 1ギガ当たりの単価が最安
6テラ 30,000円~52,000円 大容量の分かなり高価格
外付けHDDの書き込み速度の目安表

速度が速いHDDを購入したい場合

通常の外付けHDDは速度が速いわけではなく、サイズが小さいファイルの読み書きは特に速度が出ません。

ですがHDDとは別にキャッシュメモリーを搭載し、書き込み用のキャッシュとして利用する事で書き込み速度を高めた製品などもあります。 ただし価格は通常の外付けHDDの2倍ほどとなりますが、大量の画像などを一気に保存する場合が多いならオススメです。

なおバッファローから出ている「HU-GDU3D」シリーズがずば抜けて書き込み速度が速いのでチェックしてみて下さい。

内蔵HDD用クレードル

安く外付けHDDを購入したい場合

低価格で外付けHDDを手に入れたい場合は、外付けHDDを自作すると格安で済みます。 その場合は自作PC用として販売されているバルク品の内蔵用HDDを、クレードルや外付けHDDケースと組み合わせる事でオリジナルの外付けHDDが作れますので試してみて下さい。

なお外付けHDDの自作方法はグーグルなどで検索してみて下さい。

HD-QH24TU3/R5

大容量の外付けHDDが欲しい場合

外付けHDDには、ハードディスクを内部に4台内蔵した大容量の製品もあります。

例えばバッファローが販売している「HD-QH24TU3/R5(受注生産)」であれば、HDDを4台搭載し24テラもの大容量となっているので業務用の製品が欲しい場合にはオススメです。

パソコン用とテレビ用の違い

外付けHDDにはパソコン用とテレビ用のタイプが販売されてます。 ですがどちらもパソコン用のフォーマットとして出荷されており、中身は変わらないため、テレビ用を購入しても問題なくパソコンにつなげて使用する事ができます。

また両用として販売されている外付けHDDもありますが、内容は変わらないので安い方を購入するようにしましょう。

ただしPCではなく、テレビに使用する場合はフォーマットし直す必要があるので注意して下さい。

※テレビで使用している外付けHDDをパソコンで利用する場合でも、PCで再度フォーマットする必要があります。

テレビ用の外付けHDD

テレビ用の方が安い場合もある

テレビ用と記載された外付けHDDの方が値段が安い場合があります。

ですが上記でも記載したようにHDDとしては中身は全く同じですので、安い方を選ぶようにしましょう。

なおテレビで外付けHDDを使用する場合は、テレビにHDDをつないで機能からフォーマットし直す事で利用できるようになります。

従来機器とSeeQVault対応機器の違い

録画用の外付けHDDについて

「SeeQVault(シーキューボルト)」対応というテレビ録画用の外付けHDDがあります。

これは外付けHDDの連携技術で、この機能があると対応機器でHDDに保存した録画データを他の機器でも再生できるようになります。

例えば通常の外付けHDDでテレビ録画した場合、そのHDDを別のテレビやレコーダーにつなげても再生できません。 ですがSeeQVault対応HDDなら、HDDを別の機器(SeeQVault対応機器のみ)につなげても録画データが再生できるようになります。

ただし対応機種が限られており、機器の組み合わせによっては再生できない事もあるので気を付けて下さい。

オススメの外付けHDD一覧

  • HDC-LA2.0

    HDC-LA2.0
    • 容量:2TB
    • メーカー:アイ・オー・データ
    • 価格:8,480円

    高速なUSB3.0に対応している2テラの外付けHDD。実売価格が8,000円台となっているためお買い得。

    またテレビやパソコンだけなくPS4などのゲーム機でも利用できる。

    なお音も静かなので格安品がほしい時にはオススメ。

    Amazonで見る

  • HD-LC2.0U3-BKF

    HD-LC2.0U3-BKF
    • 容量:2TB
    • メーカー:バッファロー
    • 価格:9,314円

    テレビやパソコンのON・OFFに連動し、ハードディスクが自動的にスタンバイ状態になる電源連動機能を搭載した外付けHDD。

    また保存容量が20%アップするセーブモードや保存時間(書き込み時間)が大幅に短縮できるスピードモードから好きな方を選べる。

    なお各種ゲーム機やデジタルカメラにつなげる事もでき、ブルーレイ/ハイビジョンレコーダーなどにも対応している。

    Amazonで見る

  • AVHD-URSQ2

    AVHD-URSQ2
    • 容量:2TB
    • メーカー:アイ・オー・データ
    • 価格:17,062円

    SeeQVault対応のテレビ録画用外付けHDD。

    価格は若干高いが、長期間使用できるようなしっかりした作りになっているので録画用としてはオススメ。

    なおPanasonic「ビエラ」/東芝「レグザ」/SHARP「アクオス」/SONY「ブラビア」/三菱「リアル」/日立「Wooo」などのテレビに対応している。

    Amazonで見る

  • HD-GD2.0U3D

    HD-GD2.0U3D
    • 容量:2TB
    • メーカー:バッファロー
    • 価格:15,403円

    HDDとは別に1ギガのDRAMキャッシュを搭載し、高速書き込み用のキャッシュとして利用する事で通常の外付けHDDより書き込み速度が圧倒的に速いキャッシュ付きの外付けHDD。

    データの保存やコピーにかかる時間を短縮したい時にはオススメできる製品で、バックアップソフトも付属してます。

    またスケジュール化できるため作業効率をアップしたい時やバックアップを頻繁に行う人には最適です。

    Amazonで見る

備考

外付けHDDには、このページで紹介した据え置き型と持ち運びに最適なポータブル型があります。

ポータブル型の場合、パソコンとUSBで接続すればUSB端子経由でパソコンから給電できます。 そのため電源アダプターは不要となっており、大きさもスマートフォン程度ですのでデータの持ち出しなどに便利です。

なお詳しくは下記ページに記載してますのでご確認下さい。

オススメのポータブルHDD(ハードディスクドライブ)と選び方
出典 : Designed by Freepik ポータブルHDD(ハードディスクドライブ)には、耐衝撃性...