MP4やFLVなどどんな形式でも視聴できる動画再生ソフト

出典 : Designed by Freepik

動画再生ソフトを探している場合は、動画の途中をサムネイル表示できる「MPC-BE(Media Player Classic – BE)」が便利です。

このフリーソフトはWindows用のオーディオ及びビデオプレイヤーで、MP4やflvなど、標準で幅広い形式の動画が再生できます。 またDVDビデオに加えてコピーガードの掛かってないブルーレイ(BD)なども再生することが可能です。

さらに再生関連機能も優秀で、Youtubeなどの動画配信サイトと同様に、画面下部にあるシークバーにマウスポインターを当てると、その位置の映像をサムネイル表示してくれるシークプレビュー機能も搭載されてます。 そのため視聴したい動画の見たいシーンをすぐに見つける事ができます。

また「MPC-BE」は無料のフリーソフトですが、DVD映画のISOでも再生できるのでかなり便利です。

このページではそんな動画再生ソフト「MPC-BE」の使い方や導入方法などを紹介します。

なお「MPC-BE」では、ほぼ全ての動画を再生できるので、基本的には他のメディアプレイヤーなどは必要ありません。

※例えばavi, mpeg, ts, m2ts, DVD-Video, Blu-ray-Video, mkv, WebM, mp4, mov, 3gp, flv, f4v, ogm, rm, wmv, divx, swf, Apple Losslessなどのフォーマットに対応しているため、ほぼ全ての形式の動画ファイルが再生できます。

動画再生ソフト「MPC-BE」の使い方

  1. 実行ファイルをインストール

    「MPC-BE.1.5.1.2548.x64-installer.zip」の場所

    まずは動画再生ソフト「MPC-BE」の配布サイトへアクセスし、zip形式のファイル「MPC-BE.1.5.1.2548.x64-installer.zip」をダウンロードします。

    ダウンロード後、展開し実行ファイルをダブルクリックします。

    画面に表示される指示に従いインストールします。

    インストールが完了したら「MPC-BE」を起動します。

    ※「MPC-BE」は設定しなくても日本語で表示されます。

  2. プレビュー機能を有効にする

    「オプション」の場所 「サーチでプレビュー機能を使用」「チャプターマーカーを使用」の場所

    メニューにある「表示」をクリックし「オプション」をクリックします。

    プレーヤーの項目から「インターフェイス」を選択し、「サーチでプレビュー機能を使用」と「チャプターマーカーを使用」の項目にチェックを入れます。

    これで動画再生中の画面下部にチャプターの区切りが表示され、マウスポインターを合わせるとその位置のサムネイルが表示されるようになります。

  3. DVDビデオを再生する

    「DVD/BDを開く」の場所

    DVDビデオを再生する場合はメニューの「ファイル」から「DVD/BDを開く」をクリックします。

    ダイアログが表示されるので「BD-REドライブ」などの光学ドライブを指定する事でDVDを再生することができます。 ただしコピーガードなど、プロテクトの掛かったDVD・BDは再生できません。

  4. 動画ファイル・ネットストリーミングを再生する

    「ファイル/URLを開く」の場所 URL入力の場所と参照の場所

    PCに入っている動画ファイルやYoutubeなどの動画を再生したい場合は「ファイル」から「ファイル/URLを開く」をクリックします。

    手持ちの動画を再生したい場合は「参照」をクリックするとパソコン内の動画ファイルを選択できます。

    Youtubeやインターネット上のストリーミング動画を再生したい場合は、「開く」の項目に動画ページのURLを入力します。 そして「ok」をクリックすると再生できるようになります。

    ※Youtubeの場合であれば、煩わしい広告が表示される事なく動画を視聴することができます。

備考

再生や一時停止、終了、画像を保存などの操作をショートカットキーから行いたい場合は、「オプション」の「キーバインド」をクリックすると見る事ができます。 また「キーバインド」の下の「ロゴ」をクリックするとソフト起動時のロゴデザインを自由に変更する事も可能です。

なお再生ボタンなどのデザインを変更したい場合は、メニューの「ヘルプ」から「ツールバー画像をダウンロード」をクリックします。 するとツールバーがダウンロードできるサイトへアクセスするので、そこから好きなデザインをダウンロードします。

そしてダウンロードしたファイルをPC内の「MPC-BE」のフォルダ内に配置すると適用されます。(下記画像参考)

「MPC-BE」のフォルダ内に配置した例

なお「MPC-BE」フォルダの場所は、デスクトップ画面上にある「MPC-BE」のショートカットキーを右クリックし、プロパティを開きます。 するとリンク先という項目があるのでそこから確認できます。