AIで写真をアートタッチに編集できる「ドリームスコープ」

画像を編集・加工できる無料サービスは数多くあります。 ですが「Dreamscope(ドリームスコープ)」という無料クラウドサービスでは、人口知能を(AI)を使って写真を解析し、有名画家が描いたような作品に写真を編集してくれます。

例えば普通の風景写真を「ゴッホ」が描いた絵画のような作品に仕上げる事も可能です。

そこでこのページでは「Dreamscope(ドリームスコープ)」を使った写真編集・加工の方法を紹介します!

「Dreamscope(ドリームスコープ)」とは

編集サンプルと編集前の元写真

「Dreamscope(ドリームスコープ)」は、オンライン上で写真の編集・加工が行える無料クラウドサービスです。

他の画像編集サービスとの違いは、人工知能(AI)を使い画家が描いたような作品に写真を仕上げる事ができるという点にあります。 例えば、写真を油絵風や水彩画風に編集できるソフトは他にもありますが、ドリームスコープはAIを使用しているため、色々な画家の作風までを細かく再現できます。

さらに適用させたい作風(効果)を選び、写真をアップロードするだけで簡単に絵画風に編集できるので、かなり使いやすくなってます。 中には「ゴッホ」や「モネ」などの画家名がついた効果もあるので、お気に入りの画家風の作品に写真を仕上げる事も可能です!

なおドリームスコープは無料で利用することができますが、ユーザー登録(無料)が必要になります。

編集方法

  1. ユーザー登録する

    「log in」の場所

    まずは「Dreamscope(ドリームスコープ)」にアクセスし「log in」をクリックします。

    メールアドレスとパスワードを登録するとアカウント作成ができるので、その後ログインします。

  2. 画像を選択する

    画像選択までの手順

    画面の右上にある「Create Photo」をクリックします。

    編集したい画像を指定できる画面に移動するので「Select files to upload」をクリックします。

    ファイル選択のダイアログが表示されるので、編集したい写真を選択しアップロードします。

  3. 効果を選択

    効果と「Start Painting!」の場所

    写真をアップロードすると、その写真が表示され、さらにその下に色々な効果(作風)が表示された画面に移動します。

    写真に適用したい効果をクリックします。 そして「Start Painting!」をクリックすると、効果が適用された写真が表示されます。

    なお効果が適用されるまで数十秒ほど掛かりますが、完了すると適用された写真が表示されます。

  4. ダウンロードする

    ダウンロードアイコンの場所

    効果を適用した写真をダウンロードするには、右上にあるSNSボタンの横のアイコンをクリックする事でダウンロードできます。

    なおユーザー名をクリックすると、これまで自分が作成した作品が表示されるユーザー専用ページに移動します。 そこからでも作品をダウンロードすることができ、過去に作成した作品も保存されているため便利です。

備考

ドリームスコープで編集した写真は、600×400ピクセルのサイズでダウンロードされます。 これよりも大きいサイズの写真をダウンロードしたい場合は「Dreamscope Plus(月額9.99ドル)」に加入する必要があります。

なお加入すると1024x1024pxまでの画像がダウンロードできるようになります。

ちなみに絵画風ではなく、本格的な画像編集・加工がしたい場合は無料クラウドサービスの「PIXLR(ピクセラ)」が便利です。

詳しくは下記ページに記載しているので参考にして下さい。

写真や画像の加工・編集が無料でできる「PIXLR」
写真や画像の加工・編集が無料でできる「PIXLR」
高度な画像加工や編集、写真コラージュなどを行う際はPhotoshopやIllustratorなどを使用しますが、...