写真や画像の加工・編集が無料でできる「PIXLR」

高度な画像加工や編集、写真コラージュなどを行う際はPhotoshopやIllustratorなどを使用しますが、無料クラウドサービス(画像編集サイト)を利用しても行う事ができます。 例えばクラウドで使える万能レタッチツールの「PIXLR(ピクセラ)」では、何の変哲もない写真を加工・編集し綺麗にしたり、複数写真を使ったコラージュ作品などが簡単に作れます。

そこでこのページでは、無料サービスの「PIXLR(ピクセラ)」を使った写真コラージュのやり方、画像加工・編集の方法などを紹介します。

「PIXLR(ピクセラ)」とは

PIXLR(ピクセラ)」は、CADなどの図面作成ソフトで有名な「オートデスク」が提供する、画像や写真の切り抜き、特殊加工までできる本格的な画像編集ツール(オンライン画像編集サイト)です。 例えば画像や写真をトリミングしたり、明るさやコントラスト、レベルなどの調整、スポット修復、フィルター効果の追加といった編集・加工がインストール不要でWEB上で行う事ができます。

またPIXLRは無料クラウドサービスとなってますが、登録不要で使う事ができます。 さらにwebブラウザの中に編集ツールが表示されるので、パソコンに専用ソフトをインストールしたかのように見えるほど高クオリティなツールとなってます。

なおこのサービスは一般的な画像加工・編集ができる「エディター(PIXLR EDITOR)」とコラージュなどの特殊加工ができる「エクスプレス(PIXLR EXPRESS)」に分かれてます。 ですのでこのページでは、それぞれを分けて紹介します。

画像や写真を編集・加工する

ピクセラエディターの機能一覧

PIXLRで画像や写真を編集・加工したい時は、ピクセラエディターを使用します。

利用できる機能は主に次のようになります。 (詳しくは上記画像を参考)

  • 明るさ、コントラスト、レベル、彩度などの画像補正
  • レイヤー、フィルター、スポット修復などの画像加工
  • トリミング、変形、回転、サイズ変更などの編集
  • ブラシや塗りつぶし、文字入れなどのイラスト作成
  • SNSへの投稿

写真や画像を編集・加工する手順は次のようになりますが、基本的には画像編集ソフトのフォトショップ(Photoshop)と同じような使い方となります。 特に背景・レイヤーなどの仕組みについては「レイヤーの基本-Adobe公式サイト」を見ると理解が深まるかと思います。

  1. ピクセラエディターを選択する

    「LAUNCH WEB APP」の場所

    まずは「PIXLR(ピクセラ)」にアクセスします。

    下にスクロールすると「PIXLR EDITOR(ピクセラエディタ)」という項目があるので「LAUNCH WEB APP」をクリックします。

  2. ファイルを開く

    ファイルの開き方の画面

    ファイルを開く項目が表示されるので、編集したい写真や画像にあった項目を選択します。

    ここでは「コンピューターから画像を開く」を選択します。

  3. サイズを変更する

    サイズ変更の手順

    ブラウザ内にツールが表示され、選択した画像や写真が開かれます。

    上端にはメニューバー、左端には編集・加工ツールがアイコンで表示されてますが、サイズを編集したい場合はメニューの「画像」をクリックし、「画像サイズ」を選択します。 するとピクセル単位で幅と高さの項目が表示されるので、数値をクリックし目的にあったサイズを入力します。

    なお「横縦比を固定」にチェックを入れると、指定した幅または高さに合わせた比率のサイズになります。

    またサイズ変更後は「ナビゲーター」の欄にあるパーセントテージを調整するとズームなどができます。

  4. トリミングする

    トリミングの手順

    画像をトリミングする場合は、「切り抜きツール」をクリックします。

    トリミングしたい範囲をドラッグして選択し(四角い枠が表示される)キーボードの「Enter」キーを押すと選択した領域が切り抜かれます。

  5. 画質の調整

    調整の場所とレイヤーの項目の場所

    画質の調整を行う場合は、メニューの「調整」を選択し「明るさとコントラスト」「色調と彩度」「レベル」「トーンカーブ」などを選択し、思い通りの画質に微調整します。

    ※別のレイヤーを開き選択している場合などは、Photoshopとは違いレイヤーの項目から調整したい画像を選択する必要があります。

  6. 図形を入れる

    「新しいレイヤー」とレイヤーの場所 描画ツール、移動ツール、図形メニューの場所

    レイヤーをクリックし「新しいレイヤー」を選択します。

    右側にある「レイヤー」の項目から、追加したレイヤーをクリックし選択します。

    「描画ツール」をクリックし、上の項目から導入したい図形と色を選択します。 そしてドラッグすると好きな大きさの図形を入れる事ができます。

    なお表示した図形を移動させたい時は移動ツールを選択し、図形をクリックすると移動させる事ができます。

  7. 透過する

    透過の手順 透過した時の例

    図形や画像を透過させるには、レイヤーの項目から透過させたい図形や画像を選択します。そして「Toggle layer settings」をクリックします。

    不透明度の項目が表示されるので、バーもしくは数値を変更すると透過率が調整できます。

    例えば数値を0にすると「完全に透明」、100で「不透明」となります。

  8. 文字を入れる

    文字入れの手順

    タイプツールをクリックします。

    文字を入れたい場所をクリックするとテキスト入力の項目が表示されます。

    好きなテキストを入力し「フォント」で文字の書体を選択し、サイズで文字の大きさを指定します。

    またスタイルで太字や斜体、イタリックなどにでき、色の項目でテキストのカラーを変更できます。

    なお表示したテキストの移動は、図形の時と同じくテキストのレイヤーを選択し、移動ツールで行う事ができます。

  9. 重ね順を変更

    重なり順の変更手順

    図形や文字の重なる順番は、レイヤーの項目の順番を変更する事でできます。

    例えば「レイヤー1」「レイヤー2」「背景」という順番になっている場合は、レイヤー1が一番上に表示され、その下にレイヤー2が表示されてます。 この時「レイヤー2」を一番上に変更したいのであれば「レイヤー2」「レイヤー1」「背景」という順番に変える事が、レイヤー2が一番上に表示されます。

  10. レイヤースタイルを追加する

    レイヤースタイルの設定方法

    テキストや図形、画像などにドロップシャドウやべベルといった効果を追加したい時は、編集したいレイヤーを選択し「レイヤースタイル」をクリックします。

    「レイヤースタイル」の設定項目が表示されるので、追加したい効果にチェックを入れ、その項目をクリックします。 そうするとシャドウ、べベル、グローといったレイヤースタイルが設定できます。

  11. 保存する

    保存の手順

    編集・加工作業が完了したらメニューの「ファイル」から「保存」を選択します。

    フォーマットからファイル形式を選べますが「JPEG」を選んだ場合は「クオリティー」欄のスライダーで圧縮率を変更できるので、画質を劣化させる事なく保存できます。

    「ok」をクリックすると任意の場所に編集加工した画像・写真が保存されます。

レイヤーについて

レイヤーについて詳しくは「レイヤーの基本-Adobe公式サイト」に記載されてますが、ここでは簡単に説明します。

例えば開いた画像は1つのレイヤー、または背景に設定されてます。 この時新しく別のレイヤーを追加せず図形を導入すると、その画像内に図形が導入されてしまい、図形と画像が同化してしまいます。

つまり図形だけを移動したくても同化しているので、図形だけを動かす事ができなくなってしまうわけです。

ですが新しくレイヤーを追加しそこに図形などを導入すれば、画像と図形が分かれているので別々に移動や編集・加工ができるようになります。 ですので画像を編集加工する際は基本的にはレイヤーを新しく追加し、そこに新たな内容を追加していくようにしましょう。

写真コラージュをする

ピクセラエクスプレス(PIXLR EXPRESS)

写真コラージュする場合は、ピクセラエクスプレス(PIXLR EXPRESS)を利用します。 エクスプレスの場合は、エディターとは違い直感的な操作で写真に様々なエフェクトなどの効果を与える事ができます。

コラージュする場合であれば、レイアウトを選択し簡単な操作で縦横比などの調整ができます。 またフレームやフィルター、文字入れといった装飾も簡単にでき、種類も圧倒的に豊富なため便利です。

なおピクセラエクスプレス(PIXLR EXPRESS)を使ったコラージュの作成方法は、下記ページに記載してますのでご覧ください。

写真コラージュの作成が無料でできるピクセラエクスプレス
オンライン上で写真コラージュが作成できる無料クラウドサービス「ピクセラエクスプレス(PIXLR EXPRESS)」の紹介です。 登録不要でクオリティの高いコラ...