PDFファイルをエクセルに変換する方法(フリーソフト使用)

出典 : Designed by Freepik

無料でPDFファイルをエクセル(Excel)形式に変換するには、無料クラウドサービスを利用しオンラインで変換する方法、フリーソフトを使用し変換する方法の2通りあります。

ですがクラウドサービスを利用する場合、エクセルに変換するPDFファイルをアップロードしなければなりません。 特に重要書類などのPDFファイルであれば、アップロードする事に抵抗感を感じる事もあると思います。

そこでこのページでは、フリーソフトの「Renee PDF Aide」を使って、PDFファイルをエクセルに変換する方法を紹介します。

なお無料クラウドサービスを使いPDFをエクセルなどのオフィス文書に変換したい場合は、下記ページに記載しているので参考にして下さい。

PDFをエクセル・ワードファイルに無料で変換する方法
出典 : Designed by Freepik 最近ではPDFの編集はもちろん、PDFファイルをエクセル(Excel)やワード(Word)のファイルに変換して再編集でき...

PDFファイルをエクセル(Excel)に変換する手順

フリーソフトを使用しPDFファイルをエクセルなどのオフィス文書に変換する場合、操作が簡単な「Renee PDF Aide(無料)」が便利です。 エクセル以外にも、PDFファイルをワード、パワーポイント、画像などに変換できるのでチェックしてみて下さい。

ここではPDFファイルをエクセルに変換する方法のみを解説します。

なお手順は下記のようになります。

  1. 「Renee PDF Aide」を導入する

    「Renee PDF Aide」導入の手順

    まずは「Renee PDF Aide」のページへアクセスします。

    「100%無料!フリーライセンスキーを取得」の項目にある「今すぐ無料取得!」をクリックします。

    メールアドレスを入力し「送信」をクリックします。 するとライセンスキーと「Renee PDFAide」のダウンロードリンクが入力したメール宛に送信されますので、それをクリックしてソフトをダウンロードします。

    ダウンロードが完了したら画面に表示される手順に従ってインストールして下さい。

    インストールが完了したら「Renee PDFAide」を起動します。

  2. PDFを変換したい形式を選択

    「Excel」の場所

    「PDFを次の形式に変換する」という項目から、PDFファイルの変換先として「Excel」を選択します。

  3. 変換元のPDFファイルを指定

    「ファイル追加」の場所

    次に変換元となるPDFファイルを指定するために「ファイル追加」をクリックします。

    ダイアログが表示されるので、変換したいPDFファイルを選択して下さい。

  4. 保存先を設定

    「...」の場所

    カスタマイズ設定の横にある「…」をクリックします。

    フォルダ選択のダイアログが表示されるので、変換したファイルの保存先となるフォルダを選択して下さい。

  5. エクセル形式に変換する

    「変換」の場所

    ファイルの保存先に問題が無ければ「変換」をクリックします。

    確認画面が表示されるので「ok」をクリックします。するとPDFファイルがエクセルに変換され、先ほど設定したフォルダに保存されます。

元のPDFとエクセル変換後のファイル比較

元のPDFとエクセル変換後のファイル

上記はエクセルに変換前のPDFファイル(左)と変換後のエクセル(右)です。

2つのファイルを比べて見るとPDFの表の中に書いてあるテキストが、エクセルではセルごとに分けられ収まっているのが確認できます。 ですがエクセル変換後では行揃えなどがPDFの時と若干違うので、一部修正が必要な場合もあります。