中古パソコンで激安良品を選ぶための基礎知識

パソコンを購入する際に発売直後の最新モデルを選ぶと若干割高になります。 ですが中古品を選べば、価格以上の良品を手に入れる事も可能です。

ただし中古パソコンには多くの落とし穴があるため、激安良品だと思って購入しても粗悪なジャンク品だったなんて事も珍しくありません。 そこでこのページでは、しっかりと激安で良品の中古パソコンを選ぶための正しい基礎知識を紹介します!

1~2世代前の最上位モデルなら十分使える

中古パソコンを選ぶ最大のメリットは、新品よりも格安で購入できるという点にあります。

例えば発売されたばかりの最新モデルのパソコンでも1割程度安く購入でき、1~2年前の型落ちパソコンになると半額以上値落ちしている事もあります。 そのためハイスペック機でも新品時の半額で買えます。

ですが中古パソコンの場合は在庫に限りがあるため、素早い購入の決断をしなければ買い逃す可能性があるのが難点となります。

そこでオススメしたいのが、1~2世代前のCPUを搭載した最上位モデルの中古パソコンです。 最上位モデルなら同じシリーズの最新モデルと比べても、性能面でそこまで変わらず高性能なため長く使えます。 そのため中古パソコンを買うなら1~2世代前の最上位モデルを安く買うのが一番無難となります。

ただし中古パソコンを購入する際は、本体の使用状態を必ず確認しておくことをオススメします。 例えばボディの傷、キーボード文字面の擦れ具合、モニタのドット抜け、バッテリーの劣化などを確認しておくと購入後のトラブルを減らすことができます。

パソコンの液晶画面

液晶の状態を確認

中古パソコンを購入する時は液晶の状態を必ず確認しましょう。

チェックすべき項目としては、液晶の色ムラ、ドット抜けなどの不具合となります。 なお確認する際は、画面の背景を黒、または白1色にするとわかりやすいので試してみて下さい。

Fキー、Jキー、スペースの場所

キーボードの状態もチェック

中古でノートPCを買う場合は、必ずキーボードの状態を確認しておくことをオススメします。

中古の場合は酷使されたノートパソコンもあるので、キーボードの文字消えやテカリ、がたつきなどがないかチェックしましょう。 特に「Fキー」「Jキー」「スペース」などはその傾向が強いので確認してみましょう。

ノートパソコンのタッチパッド

HDDとタッチパッドは交換・代用できる

中古パソコンのHDDやタッチパッドに問題があっても交換や代用ができます。

例えば内蔵HDDでもドライバーがあれば自分で交換することができますし、タッチパッドやドライブの場合でもUSB接続の外付け機器を使用すれば代用できます。

中古パソコンの特徴

中古ショップで販売されているパソコンは、個人あるいは企業から買い取った品物になります。 そのため家電量販店で販売されている新品パソコンのように簡単に入荷されるわけではありません。

ですので激安良品など掘り出し物を見つけたいのなら、店頭または通販サイトのページを定期的にチェックし、見つけたら即購入することが重要になります。

ただし中古パソコンは以前に誰かが使用した製品なだけに付属品不足や汚れ、破損などしている可能性もあります。 そのため購入前にパソコンの状態をしっかりと確認し、使用時に困らないようにしておくことをオススメします。

また中古パソコンには、法人向けの製品が多いという特徴もあります。 例えば中古ショップによっては、法人向けパソコンしか置いてないという事もあるため、個人向けパソコンが欲しい場合はショップをある程度探す必要があります。

個人向けパソコンが欲しい場合

中古パソコンは個人の持ち込みだけでは品数が限られるため、企業のリース流れなどがラインナップの中心となる事が多くあります。 そのため中古ショップによっては一括買取した型落ち法人向けパソコンばかり置いてあるという事も珍しくありません。

ですが個人向けパソコンが欲しい場合は「ソフマップ」「じゃんぱら」などの中古ショップを見てみてると激安良品などが見つかるのでオススメです。 また質屋や金券ショップなどの買取品でも品質の良い激安中古パソコンが見つかるのでオススメです。

ただし個人向けパソコンは、持ち込み前提となるため品数が少ないので注意して下さい。

付属品について記載されている例

付属品なしの場合もある

以前使用していたユーザーの保管状態によっては付属品ナシの場合もあります。

例えばケーブルや付属ディスクが付いてない事もあるので、店頭やインターネットなどで調べておきましょう!

中古パソコン販売ページの例

中古パソコンは現品限りとなる

個人の持ち込み品となる中古パソコンは基本的に「現品限り」の一点モノとなります。 そのため購入するのに躊躇して気づいた時には売り切れていた、なんてこともあるので注意して下さい。

ただしリース流れの法人向けパソコン、液晶モニタなら品数が豊富に揃っているため、ある程度は売切れの心配がありません。

激安の理由は色々ある

激安となっている中古パソコンには色々な理由があります。 価格は開封の有無や中古ショップへの流通経路によっても変化しますし、中古パソコンの状態も変わります。

例えば中古ショップで販売されているパソコンには、個人や企業から買い取りした中古品(使用済み品)の他にも、量販店やショップの不良在庫を処分したもの、メーカーにより修理された初期不良品(リファビッシュ品)など色々あります。

中でも不良在庫品やリファビッシュ品は、通常の中古パソコンよりも良好な状態なものが多く、価格も新品より格安でお買い得なためオススメです。 ただし在庫が少なく入荷されづらいという難点もあります。

また中古パソコンは使用済み以外にも価格面で激安な理由が多くあります。 中古パソコンの種類(カテゴリ)と安さの違いなどを下記にまとめたので参考にしてみて下さい。

中古品 新古品 印付き新品 箱破損品 再生品 ジャンク品
状態 使用感のあるパソコンがほとんどで、擦り傷や汚れなどがある場合が多い 未開封のため、新品同然の良品 新品同様の場合が多い 箱が破損した際にパソコン本体へダメージが無ければ新品同然 筐体交換されている事があるが、故障個所が修理されている 動作しない事もあり、中古品よりも劣化が激しい
価格 新品の30~40%オフで購入できる(人気商品を除く) パソコンのモデルにもよるが新品より10%ほど安い 10~15%ぐらい新品より安く買える事が多い 破損の程度によって変わり、新品より3割ほど安くなる事もある 新品の半額で購入できる事もあるので激安 数百円で購入できる事もあるが、無駄になる事が多い
保障 ショップにより保証が変わる。基本的には1ヶ月程度 新品と同じ メーカー保証が1年未満の場合が多く、販売店の保証はない 基本的には新品と同じ 新品同様のメーカー保証が付く 保証はない
入手難易度 中古パソコンは豊富にあるが選択肢が少ない 中古ショップやアウトレットモールで入手可能 新古品なら定期的に出るが、印付き新品の場合はそうではないので入手が難しい 中々でないので、見つけたら買う事をオススメ アウトレットやメーカーサイトで販売されてる 取扱ショップが限られている
選ぶメリット パソコンの状態より価格を重視するならオススメ 新品を買う前に新古品を探した方が格安で買えるのでオススメ メーカー保証が短いが気にしないならオススメ 新品同様の状態で激安で買えるので、かなりオススメ 初期不良は新品より少なく、価格面でも安いのでオススメ パーツ取り目的で買うならオススメ
  • 中古品

    中古品の説明

    中古品は、使用済みのパソコンを中古ショップが買取った商品。以前の持ち主の使い方により、パソコンの状態の良し悪しは変わるが、型落ち新品の方が安い場合もある。

    また品薄となっている人気パソコンの場合は、新品と価格が変わらない事もあるので注意!

  • 新古品

    新古品の説明

    量販店などで売れ残り、そのまま型落ちになった未開封パソコンなどが中古ショップやアウトレット店に流れた商品。

    型落ちパソコンではあるが、未開封のため状態は超美品! そして新品同様のパソコンが約10~15%オフと格安で購入できるのでオススメ

  • 印付き新品

    印付き新品の説明

    印付き新品とは、他店の保証印が付いた未使用品の事で「購入後の未使用返品」「他店の在庫買取品」など、保証書に他店舗印が押されている。

    なおそのパソコン自体は未使用品だが、保証期間が短くなっているため価格がその分安いのが特徴。

  • 箱破損品

    箱破損品の説明

    箱破損品とは、箱の角が潰れているなどの未使用品のこと。

    箱破損品のほとんどが、輸送時や保管時に箱の角が潰れたりして、通常の新品として販売できなくなったモノのため、状態は新古品同様。 なおしっかりと梱包されたパソコンであれば、新品とほぼ変わらない状態となっている。

  • 再生品

    再生品の説明

    再生品はメーカーが修理した中古品の事で、例えばメーカーが新品と交換した初期不良品を修理や筐体交換などをして販売しているモノのこと。

    なお再生品を購入したい場合は、メーカー公式サイトやアウトレット店などを覗くと買う事ができる。

  • ジャンク品

    ジャンク品の説明

    ジャンク品は、故障しているパソコンなどを中古ショップが捨値で引き取ったモノのこと。 基本的にはパーツ取りのために買われる事が多い。

    また価格は激安だが、中古パソコンとして使用しようとしても動かない可能性もあり、動作保証もない。 そのためパーツ取り以外で購入してもゴミにしかならない可能性もある。

新品同然の激安パソコン

不良在庫品やリファビッシュ品は新品同然の激安中古パソコンなため、欲しい機種が販売されていたらすぐ購入する事をオススメします。

また普通の中古パソコンと一緒に並んでいる事が多いため、見つけづらいですが探してみて下さい。 なお買い逃すと入荷時期が不明なため、購入できる機会がなくなる可能性もあるので注意して下さい。

展示品は避けるべき

中古パソコンの中には「展示品」と呼ばれる品物も販売されています。

展示品は個人が持ち込んだパソコンより外観の劣化がなく、一見新品に近い状態に見えます。 ですが量販店の店頭で商品見本として置かれていたため、長時間通電を続けていた可能性があります。 そのため内部的に劣化している可能性が高いので、購入は避ける事をオススメします。

備考

中古パソコンを販売しているショップは多数ありますが、下記のページでは中古ショップごとの品揃えや販売価格について紹介しています。 激安中古パソコンが見つかるショップなども掲載してますので、是非ご確認下さい。

中古パソコンを販売するショップの品揃えと価格
出典 : Designed by Freepik 中古パソコンを販売するショップは、規模も違えば営業形態も違い...
中古パソコンを販売・買取しているサイト16選
中古パソコンを購入もしくは今持っているパソコンを売りたい時、初心者はどこに行けばいいのかわからず迷ってしまいます...