BTOパソコンとは

出典 : Designed by Freepik

BTOパソコンとは、直訳すると「作りを指示するパソコン」の事です。 そして「BTO」とは、Build to Orderの略称で、納品前に購入者の指示通りに商品をカスタマイズするサービス(受注生産)のこととなります。

BTOパソコンの場合、オーダーに応じてベースマシンの構成をある程度変更できるので、メモリやHDDなどのパーツ構成を自由にオーダーできます。 つまりBTOとは、自分好みのパソコンをオーダーできる購入システムの事となります。

特に市販パソコンに自分の求める性能や機能が無い場合は、自分好みにカスタマイズできるBTOパソコンがオススメです。

BTOの自由度

BTOはパソコンの構成を自分好みに変更する買い方ですが、ある程度のパソコン知識が必要になります。 ですがそれさえどうにかなれば、市販パソコンにはない構成のパソコンが購入できます。

ただしBTOパソコンには基本構成があるため、交換や追加できるパーツの注文可能範囲はパソコンの種類によって変わります。 つまりBTOパソコンだからといって、何から何まで自由にオーダーできるわけではありません。

例えばタワー型デスクトップパソコンの場合は、オーダー可能なパーツなどの項目は多数あります。 ですがノートパソコンの場合は、オーダー可能な項目が少なくなります。

ですのでBTOでは、ベースとなるパソコンがあってその上でカスタマイズするという形になります。

BTOパソコンのメリットとデメリット

BTOパソコンと市販パソコンを購入する時の最大の違いは、「すでに完成しているパソコンを購入」と「これから完成するパソコンを購入」という点にあります。

例えば市販パソコンの場合は、すでに完成しているパソコンなのでその日の内に持ち帰り使用する事ができます。 ですがBTOパソコンの場合は、これから完成するパソコンとなるので納品までの日数が掛かってしまいます。

そのためすぐにパソコンが必要な場合は、BTOは向いてません。 ですが納品までに日数がかかっても問題ない場合は、市販パソコンよりもBTOの方が多くのメリットがあります。

BTOパソコンのメリットとデメリット
項目 可否
パソコンの構成を自由に変更
パーツ変更する場合は差額分のみを追加
BTOでパーツ変更してもメーカー保証が付く
BTOでパーツ追加すれば未対応品を購入する失敗をしない
ある程度のパソコンの知識が必要
パーツの市場価格で値段が変わる
オーダーから納品まで日数がかかる ×

上記のようにBTOでは多くのメリットがありますが、実質的なデメリットは納品までに時間がかかるという点のみとなります。 またBTOの場合はパーツの市場価格次第で値段が変わりますが、これはメリットにもデメリットにもなりえます。

例えばパーツの相場が下がると、パーツ追加や交換時に必要なコストが下がりますが、相場が値上がりした場合はコストが上がってしまいますので気を付けて下さい。

備考

「パソコンのCPUがもっと早ければ…」「メモリがもっとあれば…」「DVDでなくBDドライブがよかった…」などの細かい部分で自分の希望とパソコンの仕様が合わない事があるかと思います。 そういった時こそセミオーダーで自分好みのパソコンが作れるBTOなら、そういった不満が解消できるので是非試してみて下さい。

またBTOは実際にパソコンを購入しなくてもカスタマイズのシミュレーションを体験できます。 詳しくは下記ページを参考にして下さい。

なおBTOでお得にパソコンをオーダーする方法もあるのでそちらも参考にして下さい。

BTOパソコンは購入しなくてもカスタマイズ体験できる
BTOパソコンが欲しい時は、メーカーの販売サイトでBTOのシミュレーションができるので、実際に購入しなくてもオーダー体験できます。 例えば販売サイトでパソコンの基...
BTOパソコンを少しでも安く購入する方法
出典 : Designed by Freepik パソコンを購入する時BTOは便利ですが、パーツの追加や変更点が増えるほど支払い金額が上がってしまいます。 ですがBTO...