目的の機種が見つかるプリンタの選び方

出典 : Designed by Freepik

プリンタは、上位機種ならある程度の作業がこなせるパソコンとは違い、中位機種でも十分な性能を持ってます。 そしてプリンタを選ぶ際の外せないポイントを抑えれば、目的の機種は迷わず見つけることができます。

そこでこのページでは、多機能化するプリンタの必要な機能を見極め、最適なプリンタが見つかる選び方を紹介します。 プリンタの買い替えの参考などにして頂ければ幸いです。

プリンタ選びのポイント

現在のプリンタメーカーは、キャノンとエプソンの2強状態になっています。 そして綺麗に写真などを印刷したい場合は、ほとんどこのどちらかのメーカーのプリンタを選ぶことになります。

両社の特徴は次のようになってます。

  • キャノン……記憶色で元画像に近い自然な色味で印刷できる
  • エプソン……原色を蛍光色に近づけ発色させるため、鮮やかな色味

※記憶色とは、多くの人がイメージとして記憶している色の事ですが、例としては次のようなものがあります。

桜(ソメイヨシノ)の花の色。多くの人が淡いピンクだと思っているけど、実際はほとんど白。そのため、写真に撮ると白く写る。しかし、これだとほとんどの人が納得しないので、印刷物に載せるときは意図的にピンクを強くすることが多い。

http://www.nttpc.co.jp/

両社の特徴は上記のようになってますが、キャノン製プリンタの場合は比較的低価格のモデルでも液晶パネルを搭載している事があるためオススメです。

またプリンタを選ぶ際の重要なポイントは、液晶パネル搭載とwifi対応しているかどうかという点にあります。 プリンタに使用するインクで選ぶことも重要ですが、上記二つはプリンタの使い勝手に大きく関わるので、絶対に抑えておきましょう。

また可能であればスマホアプリ対応や6色インク印刷できるモデルを選ぶことをオススメします。

液晶パネル搭載だとPCなしで操作可能

液晶パネル

液晶パネル搭載の有無は、プリンタの使い勝手に大きく関わります。

例えば液晶パネルが搭載されていると、現行のコピーやSDカードから直接印刷を行う場合に、液晶パネルから直接操作できるので便利です。

wi-fi対応だと自由に設置できる

wi-fi対応モデルの例

wi-fi対応していないプリンタだとUSBケーブルでの接続になるため、パソコンの近くにしか置けません。そのため非常に不便になります。

ですがwi-fi接続できるプリンタなら、家中どこでも置けるうえに、複数台のパソコンからの印刷が可能になるため便利です。

スマホアプリ対応だとスマホから直接操作が可能

スマホアプリ対応の例

スマートフォンとの連携機能が搭載されていると、スマホをプリンタにかざして設定不要で印刷が可能になったり、スキャンした書類をスマホに保存する事などができます。

写真プリント中心なら6色インク印刷

6色インク

写真プリントが中心の場合は、高画質で印刷できる6色インクがオススメです。

通常のプリンタは黒、シアン、マゼンダ、イエローの4色となっているので、写真の色調を豊かにしたい場合は6色インク印刷できるプリンタを選びましょう。

インクでプリンタを選ぶ

プリンタは、自分が何を印刷したいかで決める事もできます。

例えばエプソンは「全色顔料インク」のみ、もしくは「全色染料インク」のみにしか対応していない機種しかありません。 逆にキャノンの場合は全機種「顔料黒インク」搭載となっています。

ですので使用用途にあったインクを搭載できる機種を選びましょう。 ちなみに顔料インクと染料インクは次のような特徴があります。

顔料インク
文章などを印刷するのに最適で、滲まず色がくっきり鮮明に印刷できる。また耐熱・耐水・耐光性に優れているため、色あせしにくい。ただし写真印刷するとツブツブが見える事もある
染料インク
写真印刷するのに最適で、色調(グラデーション)と発色を綺麗に再現できる。ただし水に強くないので濡れると滲みやすい。また普通紙の場合は色が薄くなりやすく、文字が滲む事もある

なおエプソンとキャノン、その他メーカーのプリンタで印刷された写真や文章は次のようになります。 それぞれの発色具合などを比較してみて下さい。

エプソン・キャノン・ブラザーのプリンタで印刷した料理の写真

出典 : http://dist.joshinweb.jp/

エプソン・キャノン・ブラザーのプリンタで印刷したアンティーク写真

出典 : http://dist.joshinweb.jp/

エプソン・キャノン・ブラザーのプリンタで印刷した人物写真

出典 : http://dist.joshinweb.jp/

エプソン・キャノン・ブラザーのプリンタで印刷した風景写真

出典 : http://dist.joshinweb.jp/

エプソン・キャノン・ブラザーのプリンタで印刷した文章

出典 : http://dist.joshinweb.jp/

文書や年賀状印刷が中心の場合

文書中心の場合のプリンタの選び方

現在のプリンタは、印刷機能に加えコピーやスキャン機能がついた「複合機」が主流となってます。

ですが文書や年賀状印刷が中心の場合、どんなに低価格であっても印刷専用機を選ぶ必要はありません。 そして高画質の印刷にこだわらないのであれば、下位機種で十分です。

実際、プリンタの売れ筋は1万円台半ばの中位機種が中心となってます。

ですがプリンタを選ぶ際は「wifi対応」と「液晶パネル搭載」モデルを購入するようにしましょう! この2つの機能はプリンタの使い勝手に大きく関わります。

ただし1万円以下のプリンタだと「wifi対応」「液晶パネル搭載」モデルではない可能性が高いので気を付けて下さい。 またインクカートリッジを入手しやすいモデルを選んだ方が後々楽です。

そしてこれらのポイントを考慮するとほとんどの場合が、キャノンかエプソンの2択になります。

オススメのプリンタ

カラリオ EP-879AW

カラリオ EP-879AW

キャノンの6色とは異なり、基本の4色に青系と赤系を加えた構成で、鮮やかな再現力があるプリンタ。

特にカラフルな色彩の発色に強いので、写真印刷する時はオススメ!

amazonで見る

スペック
液晶モニタ 2.7型
最高解像度 5760×1440
給紙可能枚数 100枚(普通紙) / 60枚(はがき)
サイズ 349×340×142 / 6.7kg

PIXUS MG7730

PIXUS MG7730

液晶やwifi、6色インク、スマホ対応に加え豊富な機能を搭載している複合プリンタ。

染料インクと顔料インクが搭載されている6色ハイブリッドなので、写真でも文字でも綺麗でくっきりと印刷できます。 まよったらこのシリーズの機種を選ぶと後悔しません。

amazonで見る

スペック
液晶モニタ 3.5型
最高解像度 9600×2400
給紙可能枚数 125枚(普通紙)/40枚(郵便はがき)
サイズ 370mm / 7.9kg

PIXUS MG5730

PIXUS MG5730

MG7730の機能の一部を絞ったスタンダードモデル。

6色インクは非対応となってますが、「5色ハイブリッド」なので鮮やかな写真やくっきりとした文字を印刷できます。 プリンタをはじめて購入するなら十分すぎる機能が揃ってます。

amazonで見る

スペック
液晶モニタ 2.5型
最高解像度 4800×1200
給紙可能枚数 100枚(普通紙) / 40枚(はがき)
サイズ 455x148x369mm / 6.3kg