オススメのHDDとSSDを種類と特徴別に比較

出典 : Designed by Freepik

コストパフォーマンスに優れた人気のストレージを紹介します。

オススメできる外付け型・内蔵型のHDDとSSDの特徴を紹介するので、パソコンに最適なストレージ選びの参考にして頂ければ幸いです。

オススメのHDDとSSD一覧

CANVIO

CANVIO

ポータブル型HDDは携帯前提となっているため、サイズが特に重要になります。

ですがこの「CANVIO」なら名刺入れより一回り大きいサイズ(スマートフォン並)なので、携帯性は抜群です。 さらにポケットにも楽々入るほど携帯性に優れているので、ポータブルHDDが欲しい時にはオススメです。

amazonで見る

詳細情報
タイプ 外付け型HDD(ポータブル)
読み込み 140MB/s
書き込み 140MB/s
容量 500MB~
価格 5,480円~

Drive Station

Drive Station

据え置き型HDDの場合は、置き場所が若干必要になり机上で使用するため内蔵型HDDよりも駆動音が気になりがちです。

ですが「Drive Station」の場合は、縦でも横でも置き方を選ばず使えるうえに、静音設計となっているため音が気になりません。 さらに省エネ機能を搭載しているので、据え置きタイプのHDDを購入する場合はオススメです!

また家電やゲーム機でも使えるので、汎用性がある1台となってます。

amazonで見る

詳細情報
タイプ 外付け型HDD(据え置き)
読み込み 150MB/s
書き込み 150MB/s
容量 2TB~
価格 8,408円

WD30EZRZ-RT

WD30EZRZ-RT

「WD30EZRZ-RT」は比較的動作音が小さく、省電力性に優れた内蔵型のHDDです。

静音性に優れている反面、読み込み速度は遅いのでデータ保存用などには向いてます。 とくにタワー型デスクトップパソコンのファイル倉庫などにピッタリです!

amazonで見る

詳細情報
タイプ 内蔵型HDD
読み込み 160MB/s
書き込み 160MB/s
容量 3TB
価格 8,700円

エクストリーム500

エクストリーム500

SSD市場でトップシェアを誇るSanDisk社の「エクストリーム500」は、ポータブルSSDの中では特徴的なデザインが目立つ外付け型SSDです。

携帯性が抜群なうえHDDに比べ衝撃に強く、外出先でも素早くデータのやり取りが行えるのでオススメです。

amazonで見る

詳細情報
タイプ 外付け型SSD
読み込み 415MB/s
書き込み 340MB/s
容量 120GB~
価格 12,476円

Slim S55

Slim S55

1TBに迫る大容量の内蔵型SSDです。

SSDに大容量を求めるなら特にオススメできるSSDになってます。 また大量の大容量ファイルを頻繁にやり取りするなら、選んでも後悔しない1品とも言えます。

amazonで見る

詳細情報
タイプ 内蔵型SSD(2.5インチ)
読み込み 500MB/s
書き込み 450MB/s
容量 120GB~
価格 9,200円

SSDプラス

SSDプラス

「SSDプラス」はエントリーモデルながら読み込み速度が速い、入門用の内蔵型SSDです。

手ごろで買いやすい価格ながら、読み込み520MB/s、書き込み350MB/sとかなりの速度を誇っています。 またSSD市場でトップシェアを誇るSanDisk社の製品なので、安心感もありオススメできます。

amazonで見る

詳細情報
タイプ 内蔵型SSD(2.5インチ)
読み込み 520MB/s
書き込み 350MB/s
容量 240GB
価格 8,370円

備考

HDDとSSDの違いと特徴、選び方などについては下記ページに記載していますので、参考にして下さい。 またHDD・SSDの種類によっては、パソコンに接続できない場合もあるので注意して下さい。

HDDとSSDの特徴と選び方
HDDとSSDの特徴と選び方
出典 : Designed by Freepik HDDやSSDといった大型ストレージを購入する場合、容量...